神戸・大阪・京都のウィークリー・マンスリーマンション情報・検索サイト!

ワンライフ

神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル207号

078-384-1340

東京で短期賃貸物件を選ぶコツとは?東京ならではの注意したいポイント

東京スカイツリーと街並み

長期出張や研修などにより、東京にしばらくの間滞在したい人がよく利用するのが短期賃貸物件。

短期賃貸物件は、短期でしばらくの間滞在したい人向けに提供するアパートやマンションのことで、長期を目的とした一般的な賃貸物件とは違いがあります。

また、東京で短期賃貸物件を検討する場合は、他のエリアとは異なる選び方のコツや注意すべきポイントがあります。

今回は、東京で短期賃貸物件をお探しの方へ、物件選びに役立つ情報をお伝えします。

そもそも短期賃貸とは?

そもそも短期賃貸とは、数週間から1年程度の短い間の滞在を前提として、短期賃貸物件を提供するサービスです。

短期賃貸物件は、一般的に、マンスリーマンションやウィークリーマンションなどと呼ばれます。

その名称から、それぞれ1ヶ月単位や週単位で借りる必要があると思われがちですが、マンスリーマンションとウィークリーマンションに明確な違いはありません。

また、最低滞在期間は、業者の定めた日数により異なりますが、1週間以上から貸し出す短期賃貸物件が多いでしょう。

短期賃貸物件の特徴として、敷金・礼金などの初期費用が掛からないことや、キッチン・洗濯機・テレビなど家電・設備があらかじめ設置されている点などが挙げられます。

短期賃貸物件についてもっと詳しく知りたい方はコチラの記事へ

東京の短期賃貸物件を選ぶポイントとは

それでは、東京の短期賃貸物件はどのように選べばよいのでしょうか?

ここでは、東京で短期賃貸物件を選ぶ際に知っておきたいポイントや、東京のエリア情報をお伝えします。

そもそも、短期賃貸物件を選ぶ際に条件となるポイントは、大まかに下記の通りです。

  1. アクセスの良さ
  2. 治安の良さ
  3. 周辺環境
  4. 物件の設備
  5. 料金

東京の事情も勘案しながら、ひとつひとつ説明します。

1. 山手線周辺はアクセスの良さに間違いなし

まずは、何と言っても気になるのが、短期賃貸物件から目的地や商業施設へのアクセスの良さではないでしょうか?

東京はJR、東京メトロ、京王線、小田急線、東京モノレールなど日本一路線が多く整備されており、どこに行くにも電車で移動できます。

そのため、基本的には、出張先や研修先など短期滞在する目的地の最寄駅を通る路線を調べ、路線の各駅周辺で他の条件が合う物件を探すことをおすすめします。

「目的地へも商業施設へも交通アクセスのよい路線に住みたい」「たくさん路線が通っていてどれを選んだらいいのかわからない!」という方に勧めたいのは、中でも一番利便性が高い山手線です。

山手線は東京都内を環状に走っている路線で、東京都心を中心に東西南北バランスよくアクセスできます。

また、メイン路線のため本数も多く、他の路線との乗り換えにも便利な主要駅が揃っている路線です。

ほとんどの駅に大きめの商業施設が用意されており、一度は耳にしたことがある、新宿駅や渋谷駅、東京駅など複数の商業施設のある駅も山手線内となります。

なお、山手線駅からは住宅地までバスも豊富に用意されているので、「少し落ち着いたところに住みたい」「物件の料金を抑えたい」といった方は、山手線最寄駅から運行するバスの通るエリアで探すのもよいでしょう。

2. 警察庁のデータを活用して確認しよう「東京の治安事情」

東京は人口も多いですし、なんとなく他地域よりも心配になってしまうのが「治安の良し悪し」ではないでしょうか。

東京都は、23の区に加え複数の市町村から成り立っており、歴史的な土地の背景もあって、各エリアごとの街の雰囲気や治安には違いがあります。

東京都の治安事情を知るには、警察庁が毎年公開する区市町村別の犯罪発生件数データを確認するのがよいかと思います。

エリアの大きさや人口に違いがあるので、正確な治安の良し悪しは比較できませんが、大まかにどのあたりの区で犯罪件数が多いのか把握することができます。

特に治安が良いとされているのは文京区

毎年各社が調査する、治安のいい街ランキング首位常連者「文京区」は、神社や寺など古き街並みが残り、独特の清らかな雰囲気を感じられるエリアです。

文京区は、東京大学をはじめ教育機関も充実しており、家族世帯やその安心感から女性の一人暮らしにも人気があります。

治安が心配されるのは新宿・渋谷区

繁華街として有名な新宿区や渋谷区は、夜の街という側面も相まって、特に駅周辺は治安のよい場所とは言い難いです。

新宿駅の東口エリアは歌舞伎町と呼ばれる歓楽街で、路地はお店の客引きや酔客でかなり賑やかな雰囲気となります。

渋谷駅周辺も若者の遊ぶ街として有名で、こちらも深夜まで遊ぶ若者であふれており、まさに眠らない街といった風です。

このように、歓楽街として有名な新宿駅・渋谷駅周辺は賑やかで犯罪件数も少ないとは言えないので、避けた方が無難でしょう。

3. 求める雰囲気で選ぶ「周辺環境」

東京は、最先端の文明と歴史の趣ある文化とが交錯する街です。

その分、区や駅周辺ごとに並ぶお店や街の雰囲気・特色はそれぞれに違いがあり、短期滞在するのに街選びが楽しいのもポイント。

一般的には、短期賃貸物件の周辺には、スーパーなどの日用品店が多いか、病院へのアクセスはよいかなどの面が重要視されますが、しばらく暮らす街ですので、それに併せて、周辺環境が自分の好む雰囲気かどうかも考慮に入れるとよいでしょう。

いくつか周辺環境に特色のあるエリアを紹介します。

恵比寿駅エリア

恵比寿駅周辺は、洗練された雰囲気のショッピングビルが立ち並ぶエリアです。

中目黒や代官山など、おしゃれなアパレル・雑貨ショップが建ち並ぶ街からも徒歩圏内で、「都会暮らしをおしゃれに満喫したい」といった方から人気があります。

下北沢駅エリア

下北沢は、サブカルチャーが育まれた土地として有名で、独特の街の雰囲気から個性的な若者から愛される街です。

古着屋やライブハウス、劇場、古本屋などのお店や、主張が強めの濃い雰囲気のお店が多く並んでいるのが特徴でしょう。

メインストリートでは、下北好きの若者でいっぱいで賑やかな雰囲気です。

西荻窪駅エリア

西荻窪駅は、昔ながらのレトロなお店が残る落ち着いた雰囲気の街です。

昔ながらの街並みや商店街は残しつつも、おしゃれなお店や飲み屋が軒を連ねており、街歩きが楽しいでしょう。

古本屋巡りができる街としても有名です。

根津駅エリア

根津は先ほど紹介した文京区内にある駅で、神社や古民家が多く残されており、ほっと安心できる雰囲気の街並みです。

根津は上野公園へのアクセスもよく、街自体が緑の多い印象。

ほっこりと居住地に癒しを求める人におすすめのエリアです。

4. 見落としがちな「物件の設備」もしっかり確認

数ある条件の中でも気になるのが、物件についてくる設備がどのようなものかではないでしょうか?

短期賃貸物件に、標準的に完備されている設備は、下記の通りです。

■キッチン(コンロ付き)
■冷蔵庫
■電子レンジ
■洗濯機
■掃除機
■テレビ
■ベッド など

しかし、短期賃貸物件の中には、コンロがカセットコンロであったり、冷蔵庫がミニ冷蔵庫であったりする場合があるので、設備内容を細かく確認することは大切です。

なお、見落としがちですが、付いていると安心な設備は下記の通りです。

  • トイレのウォッシュレット機能
  • モニター付きのオートロック
  • 2口コンロ
  • 浴室乾燥機

特に、東京は場所によってビル風が強く、洗濯物が外に干し難い場合もあるので、浴室乾燥機は付けておきたい機能でしょう。

また、今まで当たり前に使っていた設備が無い事が、意外とストレスにつながりやすいので、何が自分にとって生活必需であるか改めて振り返っておくことをおすすめします。

短期賃貸物件の設備についてもっと知りたい方はコチラの記事へ

5. 東京はエリアごとで大きく差が出る「料金」

他の地域と比較して、東京エリアで顕著な点は、東京内のエリアごとで料金に差が出る点です。

大阪などの他の地域では、エリアごとでの料金の違いよりも、設備や築年数によって料金に差が出る傾向がありますが、東京はエリアによっては、料金の2倍近くまで差が出ます。

東京都心に近ければ近いほど値段は高めになる一方、埼玉や千葉付近に近づくほど安くなる傾向にあります。

中でも、東京で短期賃貸物件の料金が高いエリアは、千代田区、港区、中央区です。

予算とも相談しながら、最適なエリアを選ぶことをおすすめします。

東京の短期賃貸物件の料金についてもっと知りたい方はコチラの記事へ

女性が東京でマンスリーマンションを選ぶ際に押さえておきたい情報はコチラの記事へ

東京の短期賃貸物件を選ぶ際に注意すべき点

東京で、短期賃貸物件を選ぶ際のポイントについてお伝えしてきましたが、ここでは特に選ぶ際に注意したい点についてお伝えします。

1. 乗り換え時間にも注意が必要

東京 路線図

東京の交通アクセスで、見落としがちなのが「乗り換え時間」

多くの人は、物件選びをする際に「乗り換え回数」の少なさを求めます。

しかし、見落としがちなこの「乗り換えにかかる時間」、東京の主要駅では軽視できないほど時間がかかることがあるので注意が必要です。

例えば、渋谷駅のJR山手線から東急東横線までの移動時間は約5分程度かかります。

実際に歩いてみると、階段を降りたり上がったりで、乗り換えだけでも結構疲れるので要注意です。

東京は路線が多い分乗り換えに時間がかかることがあるので、事前にGOOGLE MAPなどを活用し、乗り換え時間をチェックしておきましょう。

2. 東京の人気路線はすぐにお部屋が埋まる

東京は全国的にみても短期賃貸の物件数が多いのですが、その分需要も多いためお部屋がすぐに埋まりやすい傾向があります。

特に、山手線周辺の物件は人気が高く、よい条件の物件はお部屋が空いても、すぐに入居が決まる傾向があります。

そのため、人気のエリアで短期賃貸物件を希望する場合、条件の合う物件が見つかったら、できるだけお早目に物件を決める事をおすすめします。

3. 東京は周辺に騒音があることも

東京の短期賃貸物件は、大通りに面して建物が立っている場合も多いです。

そんな時に注意して確認したいのが、「車の騒音」です。

物件の建築構造によっては、交通量が多い道路沿いの場合、車の走る音が夜中まで聞こえてきて、気になるという問題も起こりうるのです。

短期賃貸物件は、内見ができない業者が多いので、物件を紹介する担当者によく確認するようにしましょう。

⇒マンスリーマンションの内見事情について知りたい人はコチラの記事へ

4. 短期賃貸物件を選ぶ時期

短期賃貸物件の問い合わせが多い時期は、毎年3月から4月です。

その分、3月4月は物件数も少なくなるので、この時期に東京への短期滞在が決まっている人はできるだけ早めに物件選びを行いましょう。

なお、2020年夏は東京オリンピックが開催される影響で、短期賃貸物件もとりにくくなる可能性が非常に高いです。

その点留意して、早め早めに物件選びをするようにしましょう。

東京で短期賃貸物件を探すならOne Lifeへ

今回ご紹介させて頂いた通り、東京で短期賃貸物件を探す際には、東京の事情をよく理解した上で選ぶことが重要です。

当社One Lifeも東京の短期賃貸物件を数多く取り扱わせて頂いております。

お客様のご要望を細やかにお伺いして、滞在期間中快適に過ごせるようお手伝いさせて頂いています。

東京で短期賃貸物件をお探しの方は、ぜひ一度、One Lifeまでお気軽にご相談ください。