神戸・大阪・京都のウィークリー・マンスリーマンション情報・検索サイト!

ワンライフ

神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル207号

078-384-1340

マンスリーマンションは内見できるの?事前に確認すべき2つのポイント

マンスリーマンション 内見

1週間以上の滞在時に利用しやすいマンスリーマンションは、出張や研修時など、一定期間自宅から遠方に滞在する必要がある際によく使用されます。

ただ、マンスリーマンションの滞在も1ヶ月以上など長期に及ぶ場合、長らく生活しても不便が出ないか、過ごしやすい環境かどうか気になりますよね。

そんな時に、役立つのがお部屋の「内見」ですが、マンスリーマンションでも内見はできるのでしょうか?

今回は、マンスリーマンションを内見する際のポイントや、内見できなかった場合に確認すべき点について紹介します。

そもそもマンスリーマンションは内見できるの?

一般的には、大手マンスリーマンション業者を中心に、お部屋の内見は受けていない会社が多いようです。

理由は、内見予定日に入居者がまだおられ、部屋が空いていることが少ないために、内見実施が難しいことが挙げられます。

また、内見まで行うと物件の紹介にスタッフの時間が取られてしまうため、内見を避ける業者もいらっしゃいます。

ただ、マンスリーマンション業者の中には、内見を実施している会社もあり、入居者がまだいらっしゃるお部屋の場合は、同じマンションで類似したお部屋を参考として内見を受け入れている会社もあります。

1ヶ月に及ぶような長期滞在の場合は、慣れない土地での暮らしに加えて、居住空間がストレスの原因にもなるので、できれば内見ができる業者を選定することをおすすめします。

内見してからマンスリーマンションのお部屋を選定されたい方は、ぜひ、One Lifeまでお問い合わせください

マンスリーマンションを内見する時に確認したい4つのポイント

マンスリーマンションを内見するポイントは、人それぞれ重視する点が違うのでバラバラかと思いますが、内見時ならではの見て頂きたいポイントはあります。

  1. 部屋の広さ
  2. 日当たりの良し悪し
  3. 設備の経年劣化度合い
  4. マンションの周辺環境

部屋の広さ

部屋の平米数は、マンスリーマンション業者のサイトを見ると記載されていることがほとんどですが、実際に感覚としてどれくらいの広さなのかは、目で見てみないとよくわかりません。

それは、一人暮らしをしたことがない方ですと、数字が示す広さの感覚がよくわからないということもありますし、また、慣れていらっしゃる方でも建物の構造によって実際の空間としての広さを狭く感じることもあるのです。

部屋の広さが快適に過ごせる範囲内であるかどうかは、実際に目で見て確認する方がよいでしょう。

日当たりの良し悪し

日当たりの良し悪しも、実際に内見してみないとわかりにくい点ではあります。

一般的に、「南向きに窓がある物件は日当たりが良い」とされていますが、大きなビルに囲まれている場合などは一概に日当たりが良いとは限りません。

日当たりの良さを重視するのであれば、実際に窓から周辺環境を確認しておく方がおすすめです。

設備の経年劣化度合い

設備の経年劣化度合いも、しっかりと見ておきたいポイントです。

マンスリーマンションのサイトに掲載されている写真は、枚数が少なかったり、よい部分しか掲載されなかったりして、設備を含めたお部屋の経年劣化度合いがよくわからない場合があります。

また、写真では要所要所の部分しか確認できず、いつ撮影されたものなのかも定かではないため、現実とギャップが発生する可能性もあります。

設備の経年劣化度合いは、お部屋の雰囲気にも直結するので、ぜひ内見で重点的に確認して頂きたいポイントです。

マンションの周辺環境

内見の際には、マンションの周辺環境もしっかりとチェックしておきましょう。

治安の良し悪しや、生活用品を買い物できる施設があるか、周辺に騒音の原因となるものがないかなど、快適に過ごせなさそうなポイントが見つかったら再検討が必要でしょう。

特に、治安の悪さや電車・車などによる騒音問題などは、生活する上でのストレスのみならず、居住を続けることが難しいと感じることにも発展しかねないので、しっかりとチェックしましょう。

内見できない場合に、事前に確認すべき3つのポイント

ポイント

内見できるマンスリーマンション業者を見つけたとしても、やはり「入居予定日まで空き部屋がなく内見が難しい。。。」といった場合もあり得ます。

そんな場合には、下記3点のポイントを事前に確認することによって、入居後、思わぬギャップに悩まされないよう防ぐようにしましょう。

  1. サイト内の写真をしっかりと見る
  2. 細かい点まで先回りして説明してくれる業者を選ぶ
  3. Googleストリートビュー機能で周辺環境を確認

サイト内の写真をしっかりと見る

マンスリーマンション 設備

実際目で見るのには負けますが、水回りからお部屋まで豊富に写真が掲載されているサイトの場合には、写真によってある程度、お部屋の状況を把握することができます。

「すみずみまで見てもらって決めて頂きたい」と誠実に対応しているマンスリーマンション業者なら、どのような物件であってもサイト上に詳細な写真を掲載しています。

また、業者の中には、もっと細かい設備や箇所の写真を、要望に合わせてメールで別途送付するなどの対応をしてくれる場合もあります。

まずは、サイト内などの物件写真をじっくりと見て、部屋は快適に過ごせる環境か、許容範囲内の設備が備わっているかどうか確認することが大切でしょう。

細かい点まで先回りして説明してくれる業者を選ぶ

マンスリーマンション業者の中には、残念ながら物件の内容や雰囲気をよくわかっていないのに紹介しているケースもあります。

マンスリーマンション業者に問い合わせた際に、細かく要望を聞き出してくれ、お部屋の設備や雰囲気をはじめ、スーパーがあるかなどの周辺環境まで丁寧に先回りして説明してくれる業者か確認することも重要です。

できるだけ、実際に物件へよく足を運んでいると感じられる業者を選定し、安心できる物件選びをしましょう。

Googleストリートビュー機能で周辺環境を確認

さらに詳しい周辺環境を確認するために、Googleマップの便利な機能として「ストリートビュー」があります。

ストリートビュー機能とは、画面上の人形アイコンを道路へ移動させることによって、移動後の場所で360度パノラマ画像をみることができ、まるで自分がその道路に立って辺りを見渡しているかのように見える機能です。

マンション周辺の雰囲気や、商業施設の配置状況などを確認するのに、活用したいサービスでしょう。

事前確認を徹底してマンスリーマンションで快適に過ごそう

快適な暮らし

出張や研修などで長期間マンスリーマンションに滞在することが決まっている場合は、入居後のトラブルやギャップを発生させないためにも、やはり事前に内見をしてから決めることをおすすめします。

ただ、遠方により内見を行うことが難しい場合や、内見に時間をとることができない場合は、しっかりと物件や周辺環境の写真を確認して、雰囲気など細かく説明してくれるマンスリーマンション業者を選定することが大切です。

何社か実際に問い合わせをしてみて、相性の合う業者へ依頼するとよいかと思います。

One Lifeは、1週間以上から滞在できるマンスリーマンションを多数取り揃えております。

内見や追加写真のご要望につきましても、できる限り対応しておりますので、お気軽にお問合せください。