神戸・大阪・京都のウィークリー・マンスリーマンション情報・検索サイト!

ワンライフ

神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル207号

078-384-1340

大阪で短期賃貸物件をお探しの方へ|短期滞在できる方法を5つ紹介

大阪の街

大阪は商業の中心として大中小問わず企業が集約しており、専門学校・大学などの教育機関も充実しているため、日本各地から人が集まりやすい場所です。

そんな大阪に滞在したい人達の中には、短期での滞在に適したサービスを探している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、大阪で短期賃貸できるサービスを含め、短期滞在によく利用されるサービスを紹介します。

特に大阪地域に特化して、各サービスを利用する際の穴場情報もお伝えするので、本格的に滞在場所を検討したい方も必見です。

大阪で短期賃貸をご検討中の方が知りたい!短期滞在できる5つの方法

大阪で短期滞在できる方法①ホテル

ホテル イメージ

一般的に、ホテルは数日間の滞在に使用されますが、数週間などの短期滞在にも利用できるサービスです。

特に定められた期間がない場合、いつまででも滞在することができます。

ただし、費用については、滞在期間に合わせた割引サービスなどを設定している所は少ないので、直接ホテルとの交渉が必要でしょう。

大阪のホテル料金は、地域ごとで金額に大きな偏りはなく、ビジネスホテルで1名6,000円以上~で他の県に比べると少々高めでしょう。

大阪のホテルで短期滞在するなら弁天町が穴場スポット

弁天町駅 ホテル

大阪のホテルでこれから注目度の高い穴場スポットは、ずばり「弁天町」エリアです。

上記の通り、弁天町エリアは特筆して、ホテルが多いエリアではありません。

ただ、もともとファミリー層向けの物件が多いエリアで、スーパーやドラッグストアが豊富に揃っており、治安も比較的安心なエリアなので、暮らしやすいです。

また、大阪のメイン路線であるJR大阪環状線が通っているため、都心へのアクセスもよく、大阪駅や天王寺駅まで約10分ほどで行けるアクセスの良さも魅力。

最近は、アナログレコードのカルチャーを楽しめるホテル「SHE」や、ホテルの複合施設で温泉型テーマパーク「空庭温泉」も新設され、気になるスポットが次々登場している点が注目ポイントですよ。

ホテルで短期滞在することのメリット・デメリット

ホテルで短期滞在することのメリット・デメリットは、下記の通りです。

<メリット>

  • 掃除する必要がない
  • 水道光熱費を気にする必要がない
  • 朝食が付いてくる

<デメリット>

  • キッチン・洗濯機などの生活必需品が付いていない
  • 照明が暗い場合がある
  • 人によっては閉塞感を感じる
  • 費用が比較的かかる

大阪のホテルの予約が取れない時に試したい方法を知りたい方はコチラの記事へ

大阪で短期滞在できる方法②ゲストハウス

ゲストハウス

ゲストハウスとは、一部屋に複数の2段ベッドなど寝具が置かれており、寝具ごとで貸出を行う相部屋タイプをメインに取り揃えるホテルのことを言います。

ゲストハウスは、寝具ごとで貸し出しを行う分、ホテルよりも安価で、大阪市内でも1泊3,000円ほどの料金で宿泊できるでしょう。

また、ゲストハウスは、安価なこともあって、数週間程度の短期滞在したい旅行者から人気があるサービスです。

その分、短期滞在者向けの割引サービスを設けているゲストハウスも多いので、ぜひ割引プランを問い合わせてみてください。

大阪のゲストハウスは町家リノベーションタイプがおすすめ

大阪のゲストハウスは、大阪市内にまんべんなく所在しており、観光地周辺は物件数が多いです。

特に、北側は福島区、南側はなんば周辺や天王寺区には多くのゲストハウスがあり、町家や古民家をリノベーションしてゲストハウスとして運営している所が多いのもポイント。

短期滞在するのに、居住空間ではリラックスした状態でいたいものですが、古きよき建物の雰囲気を楽しみながら過ごせるのでおすすめです。

ゲストハウスで短期滞在することのメリット・デメリット

ゲストハウスで短期滞在することのメリット・デメリットは、下記の通りです。

<メリット>

  • 安価に滞在できる
  • キッチンや洗濯機が設置・利用できる場合が多い
  • 水道光熱費を気にする必要がない

<デメリット>

  • 同室者の中に合わない人がいるリスクがある
  • 同室者の生活音が気になる
  • 中には清潔感に欠ける物件もある

大阪で短期滞在できる方法③マンスリーマンション

マンスリーマンション 設備

マンスリーマンションとは、短期滞在することを前提として、短期賃貸契約を結んで借りるマンション・アパートのことです。

マンスリーマンションの多くは1週間以上から借りることができ、生活必需品の家具・家電が設置されている点が特徴でしょう。

長期出張や研修などの理由で、数週間から数カ月などの短期滞在で利用される場合が多いです。

また、最近では、外国人観光客増加の影響で、大阪市内でホテルを確保しにくいために、マンスリーマンションを借りるケースも増えています。

マンスリーマンションの料金は、基本的に、滞在日数が増えれば増えるほど、金額が安くなる料金形態ですので、短期滞在者の中でも比較的長めに滞在される方におすすめです。

なお、マンスリーマンションは、観光地周辺を問わず、駅周辺を中心に大阪エリア全体に豊富な数の物件があります。

マンスリーマンションは1週間以上からのレンタルがおすすめ

マンスリーマンションの貸出日数に特段の定めはなく、中には1日から貸し出す業者もいます。

ただ、マンスリーマンションの料金形態は、賃料の他に、クリーニング料金や契約料金など発生するため、数日間の宿泊ではホテルよりも割高な金額となってしまいます。

そのため、マンスリーマンションのレンタルをご検討される方は、基本的には1週間以上滞在するかどうかを目安にして考えるとよいでしょう。

マンスリーマンションで短期滞在することのメリット・デメリット

マンスリーマンションで短期滞在することのメリット・デメリットは、下記の通りです。

<メリット>

  • キッチンや洗濯機・テレビなど生活必需品が設置されている
  • 普段と同じような居住空間で生活できる
  • 水道光熱費を気にする必要がない

<デメリット>

  • 自分で掃除する必要がある
  • ホテルのようなサービスは期待できない
  • 洗剤などの日用品を自分で用意しなければならない

マンスリーマンションのメリット・デメリットについてもっと知りたい方はコチラの記事へ

大阪でマンスリーマンションを探す方に役立つ情報についてはコチラの記事へ

大阪で短期滞在できる方法④民泊

民泊

短期滞在できる方法には、民泊という選択肢もありますが、最近よく聞く民泊とはそもそも何なのでしょうか?

民泊とは、個人宅の空き部屋や、空き家を宿泊施設として貸し出す宿泊サービスのことです。

Airbnb(エアビーアンドビー)などの「空いている部屋・家を貸したい人」と「借りたい人」とのマッチングをサポートするプラットホームが増えたことで、民泊はより一般的なサービスとなってきました。

民泊には、空いた部屋か家全体のどちらかを借りることになりますが、短期滞在される方の多くは空き部屋を借りることになるかと思います。

そうすると、宿泊するための独立したお部屋の他に、所有者や他宿泊者が共同で使うキッチンやリビングが用意されている物件が多いでしょう(※マンション・アパートの部屋に個別キッチンが付いている物件もあります)。

料金は、ホテルとゲストハウスの間くらいの料金帯が一般的です。

民泊は大阪市内で盛んなサービス

これまで民泊を利用されたことのない人は「大阪市内で民泊はできるの?」と思われるかもしれませんが、大阪市内では盛んに民泊サービスが提供されています。

大阪は観光地として世界的にも有名なため、民泊を行う方も、他の地域に比べると多いようです。

北摂などの郊外ではなく、大阪市内であれば問題なく物件を見つけることができるでしょう。

ただし、民泊を行う宿泊施設は個人の所有物件であることから、駅から遠い物件もあるので、交通利便性は重点的にチェックが必要です。

民泊で短期滞在することのメリット・デメリット

民泊で短期滞在することのメリット・デメリットは、下記の通りです。

<メリット>

  • キッチンや洗濯機・テレビなど生活必需品が設置されている
  • 家と近い感覚で滞在できる
  • ホテルと比較して価格が安い

<デメリット>

  • 立地条件が悪い場合がある
  • ホストや同じ物件の滞在者にストレスを感じる場合がある
  • 2週間以上滞在できる物件が少ない

民泊についてもっと詳しく知りたい方はコチラの記事へ

大阪で短期滞在できる方法⑤友達の家

裏ワザと言える短期滞在方法が、大阪にいる友達の家に滞在させてもらうという方法です。

短期滞在時に頭の痛い問題である「滞在費」が発生しないため、仲の良い友達が大阪にいる場合には活用したい方法でしょう。

ただ、数日間の滞在であれば快く迎えてくれるかもしれませんが、数週間ともなると友達の生活に迷惑がかかる可能性があるので、いくら親しくとも避けた方が無難でしょう。

生活を共にすることで、新たにわかる一面から、友達関係が崩れてしまうこともあるので、注意が必要です。

友達の家に短期滞在することのメリット・デメリット

友達の家に短期滞在することのメリット・デメリットは、下記の通りです。

<メリット>

  • 滞在費がかからない

<デメリット>

  • 友人との関係性が悪くなる可能性がある
  • 友人との生活にストレスを感じる場合がある(※反対に友人に感じさせる場合もある)

大阪で短期賃貸物件をお探しの方はOne Lifeがおすすめ

大阪で短期滞在できる方法を5つ紹介しました。

自分が用意できる予算と、滞在期間、受けたいサービスから最適の宿泊場所を選びましょう。

大まかにまとめると、下記の通りです。

費用高い順 ①ホテル> ②マンスリーマンション> ③民泊> ④ゲストハウス> ⑤友達の家
宿泊しやすい日数 1週間程度まで 1週間以上~1年程度 2週間程度まで 2週間程度まで 数日程度
選ぶポイント 清掃・朝食の心配なし 日常生活に近い暮らしができる 良い条件の掘り出し物が見つかるかも コミュニケーションを取りたい人には◎ 仲良くなるか悪くなるか二つに一つ

1週間以上の短期滞在を予定しており、ストレスなく日常に近い形で滞在期間を過ごしたい方は、マンスリーマンションがおすすめです。

当社One Lifeは、大阪をはじめ関西・関東エリアで、豊富な物件数のマンスリーマンションを提供しております。

大阪でマンスリーマンションをお探しの方は、ぜひ一度、One Lifeまでお問い合わせください。