東京・関西のウィークリー・マンスリーマンション情報・検索サイト!

ワンライフ

  • 東京

    03-5405-20010120-991-480

  • 関西

    06-6485-36300120-097-437

マンスリーマンションの探し方|あるある失敗と失敗回避のための注意点~物件選びから入居までの流れを紹介

マンスリーマンションの探し方

マンスリーマンションを契約したいけど、どうやって探したらいいんだろう?

セキュリティ面などは大丈夫?安心できるマンスリーマンションはどうやって探せばいい?

マンスリーマンションを契約してから失敗しないための予防策ってある?

今回はそんな不安をお持ちの方のために、

①マンスリーマンションの探し方

②あるある失敗談と失敗しないための注意点

そして、契約のイメージを持つために

③マンスリーマンションを探してから契約までの流れ

を紹介します。※リンクを押せば、読みたい場所に飛べます。

マンスリーマンションの探し方 3つのパターン

マンスリーマンションの探し方は、こちらの3つが一般的です。

  1. 地域名+マンスリーマンションで検索する
  2. マンスリーマンションを取り扱っているポータルサイトで条件を入れて検索する
  3. マンスリーマンションを取り扱っている会社に問合せて条件を伝えて紹介してもらう

①地域名+マンスリーマンションで検索する

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、地域名+マンスリーマンションを検索することで、該当するマンスリーマンションの個別ページにたどり着くことが出来ます。

  • 大阪 北区 マンスリーマンション
  • 東京 渋谷 マンスリーマンション など

この方法では、様々なサイトの中から、希望の地域のマンスリーマンションを探すことが出来ます。

ただし、この方法では様々なサイトでマンスリーマンションを見るので、希望の物件が埋まってしまっていた場合に、色んな会社に問い合わせないといけないことになり、手間取ることもあります。

②マンスリーマンションを取り扱っているポータルサイトで条件を入れて検索する

マンスリーマンションの検索弊社サイトの検索画面(クリックで実際の検索ページに飛びます)

次に、マンスリーマンションを取り扱っているポータルサイトで、地域や間取り、セキュリティ環境などの条件を入れて検索する方法です。

色んな条件を選択肢の中から選んで、マンスリーマンションを探せるので、自分にぴったりの納得いく物件に簡単に出会えるかもしれません。

ただし、マンスリーマンションが少ない地域の場合、要望に沿う物件が見つからないということもあり得ます。

当社ワンライフは、関西・東京を中心にマンスリーマンションを扱っております。

こだわり検索や駅名からの検索もできますので、一度ご希望のマンスリーマンションがあるかチェックしてみてください。

マンスリーマンションのこだわり検索

マンスリーマンションの駅名検索

③マンスリーマンションを取り扱っている会社に問い合せて、条件を伝えて紹介してもらう

マンスリーマンションのアドバイザー

最後にマンスリーマンションを取り扱っている会社に、直接問い合わせて、条件を伝えた上で、条件に合う物件を紹介してもらう方法です。

自分で調べていると、「これはいいけど金額がちょっと高い…」「この場所は治安はどうなんだろう?」など、一つ一つ自分で調べる必要が出てきますが、この方法であれば条件を伝えるだけでプロがピッタリの物件を紹介してくれます。

問い合わせる前に、どんなこだわりがあるのか(値段・広さ・場所・駅からの距離・セキュリティ・築年数・ネット環境など)一度整理しておくと、より相談がスムーズにいくでしょう。

当社ワンライフでは、Webの問合せフォームまたはお電話でお気軽にご相談いただけます。

ぜひ、こだわりの条件をお問い合わせくださいね。

お任せコンシェルジュ(問い合わせフォーム)

東京 フリーダイヤル:0120-991-480
関西 フリーダイヤル:0120-097-437

マンスリーマンションのあるある失敗談と失敗しないための注意点

マンスリーマンションを初めて契約する方なら、トラブルに巻き込まれないか、安心して過ごせるか、不安な方もいらっしゃるかもしれません。

マンスリーマンションであるあるな失敗談を事前に知って、プロからのアドバイスを知ることで、間違いないマンスリーマンション選びをしましょう。

<失敗談1>お部屋の詳細が分からないまま住み始める

マンスリーマンションは、ほとんどの場合内見することが出来ません。

更に、不動産によってはマンスリーマンションの物件の知識があまりない営業マンもいるようです。

部屋の情報を数枚の写真や文字で見るだけでは、分からないこともありますよね。

実際によくある失敗は以下のようなものです。

  • 思っていたより暗かった
  • 狭かった
  • セキュリティが甘そうだった
  • 壁が薄くて声がダダ漏れ 等

<プロからのアドバイス>町の不動産ではなく、マンスリーマンション専門のサイトや業者から選びましょう

この「お部屋の詳細が分からないまま住み始める」という失敗を回避するためには、町の不動産屋ではなく、マンスリーマンションを専門とする業者で物件を契約することをお勧めします。

というのも、一般的な町の不動産屋は、マンスリーマンションを扱っている場合もありますが、どうしても一般的な長期の賃貸が一番の得意分野になっています。

普通の不動産屋にマンスリーマンションの詳しいことを聞こうとしても、分からないと言われてしまったり、調べるのに時間がかかったりしてしまうこともあります。

餅は餅屋というように、マンスリーマンションはマンスリーマンション専門の会社で選びましょう。

<失敗談2>町の治安が悪い、セキュリティが甘いなど安心できない環境だった

こちらも先ほどの失敗談と重複することではありますが、特に女性はマンスリーマンションでのセキュリティを重視することが多いですよね。

出張先の近くなど、便利だと思って自分で選んだ地域が、実は住むには治安が悪めの場所だったということもあります。

<プロからのアドバイス>業者にしっかりと押さえておきたいポイントを伝えておきましょう

業者には、しっかりと押さえておきたいポイントを伝えておくことが重要です。

先ほど書いたように、「ここいいな!」と思った物件であっても、実は治安が少し悪めの地域に立っていることも。

だからこそ、「ここがいいと思ったんですが、治安も心配で。大丈夫そうですか?」など、希望の物件と優先度の高い条件を伝えていただけると、具体的なアドバイスや提案がしやすくなります。

<失敗談3>あるだろうと思っていた家具家電が無かった

洗濯機

マンスリーマンションには、最低限の家具・家電がついていますが、「思っていた家具家電がなくて、生活が不便だった!」という失敗談もよく聞きます。

どうしても必要な場合は、マンスリーマンションの近くで買い足すことになり、想定外の出費になってしまいます。

<プロからのアドバイス>契約前にどんな家具家電がついているのかをチェックしておきましょう

一般的にマンスリーマンションに付いている家具・家電は以下のものです。

  • ベッド
  • イス(まれにソファ)
  • デスク
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 掃除機
  • テレビ
  • DVDプレーヤー
  • ドライヤー

電気ケトル、鍋などの調理器具はありません。調理器具は安いものを買い足す人も多いです。

また、ここに書かれている物はほとんどのマンスリーマンションで常設されていますが、物件によっては過不足があるかもしれません。

あくまでも上記は参考程度にして、詳しくは契約前に物件をしっかり確認しましょう。

関連記事
マンスリーマンションは家具付きが一般的!付属する家具家電の種類やよくある疑問

<失敗談4>想定していたより費用が掛かってしまった

お金

マンスリーマンションの料金目安や、どんなことにかかってくるのか分かっていないと、「賃料だけ払えばいいと思っていたのに高い…!」となるケースも。

また、マンスリーマンションは基本的に前払いなので、それを負担に思う人も少なくないようです。

<プロからのアドバイス>契約前にすべての費用を把握しておくか、予算を伝えておきましょう

マンスリーマンションを契約する前に、マンスリーマンションの基本的な予算目安を知っておきましょう。

≪初期費用の内訳≫
※東京の23区内の間取り1R・1Kの一般的なマンスリーマンションの場合

費用項目 金額
管理費 1,000円程度
寝具料金 10,000円程度
清掃費 10,000円程度
契約手数料 20,000円程度まで
水道光熱費 1,000円/月程度

更に、初期費用以外で追加料金が必要になる場合もあります。

  • 1人契約なのに2人で居住した場合
  • 故意により設備を毀損した場合
  • ペット禁止物件でペットを飼育した場合 など

契約する予定の物件の場合は、総額でいくらになるのかを事前に計算しておきましょう。

また、予算が限られている場合は、業者に最初に予算を伝えて、予算範囲内の物件を紹介してもらうというのも一つです。

関連記事
マンスリーマンションの初期費用はどのくらい?東京のマンションを例にシミュレーション

<失敗談5>申し込みがギリギリすぎて気になるお部屋が埋まっていた

当社ウィークリーマンション・マンスリーマンションの「OneLife」には、よく”明日から入居したいんですが……”とお問い合わせがあります。

もちろん、希望しているお部屋が空いていれば入居していただくことは可能ですが、残念ながら埋まってしまっているケースが多々あります。

申し込みがギリギリだと、空いているお部屋の数が少なく、選択肢が狭まります。

結果として、妥協して駅から遠いマンスリーマンションや、希望している設備が付いていないマンスリーマンションを選ぶしかなくなり、思い通りの生活ができないことがあるのです。

<プロからのアドバイス>出来るだけ早めに物件探し・契約を済ませておきましょう

利用日ギリギリになってからマンスリーマンション探しを始めてしまうと、お部屋がどんどん埋まり自分のライフスタイルに合うお部屋が見つかりにくくなります。

そのため、できれば1ヵ月くらい前からマンスリーマンションを探し始めるのがベターです。

マンスリーマンションを探してから契約までの流れ

それでは、マンスリーマンションを初めて契約する人向けに、マンスリーマンションの契約までの流れをご紹介します。

  1. マンスリーマンションを見つける
  2. 問い合わせをする
  3. 申し込みをする
  4. 送付された契約書に記入し、返送する
  5. 鍵を受け取り、入居する

1.マンスリーマンションを見つける

まずはネットなどで、住みたいマンスリーマンションを探しましょう。

  • 目的地へのアクセス
  • 賃料
  • お部屋の設備
  • 周辺環境 (徒歩圏内にスーパーがあるか等)

上記のような情報に着目して探すと、自分に合った物件を探しやすいです。

ただし、ネットだけでは拾えない情報もあるかと思いますので、そういう場合はお問い合わせで直接聞いてみるのがいいでしょう。

2.問い合わせをする

実際に問い合わせをしてみて、お部屋の空室状況や賃料の詳細など、お目当ての物件のより細かな情報を貰います。

電話・メールの両方でお問い合わせに対応している会社がほとんどですが、営業時間内であれば、電話によるお問い合わせの方が、やりとりがスムーズかと思われます。

3.申し込みをする

お目当ての物件が空室で、自分の条件にも合っていそうなら、入居の申し込みをします。

この申し込みの段階で、どんな些細な疑問も残さないように、担当者に聞いておくといいでしょう。

不明点・不安点を残したままでいると、あとで「困った!」とトラブルになってしまうケースがあるためです。

4.送付された契約書に記入し、返送する

申し込みが済んだら、マンスリーマンションを管理する会社より、契約書が送付されてきます。

期日までに契約書の作成を行い、必要書類と共に返送します。

必要書類

  • 個人は、身分証明書(運転免許証やパスポートのコピーなど)
  • 法人は、会社概要と利用者の身分証明書

契約書作成のタイミングで、マンスリーマンションの利用料金の入金手続きも行います。

(基本的に、マンスリーマンションの料金は前払いです)

5.鍵を受け取り、入居する

マンスリーマンションに備え付けの、キーバンカー(※)などに入った鍵を受け取り、入居します。

キーバンカーによる鍵の受け取りであれば、返却もキーバンカーで行います。

※キーバンカーとは?

鍵を中に入れることができる南京錠です。暗証番号を入力し、中の鍵を取り出すことができます。

<関連記事>
マンスリーマンションの契約までの流れ | 契約前に知っておいた方がいいこと

 まとめ

マンスリーマンションの契約は、疑問を残さず、些細なことでも明確にしてから行うようにしましょう。

分からないことを残したままマンスリーマンションを契約すると、入居後不便があることに気付いたり、最悪の場合トラブルに発展してしまう可能性があるからです。

当社「OneLife」でも、お客様からの質問にはできるだけお答えし、気持ちよくウィークリーマンション・マンスリーマンションで生活していただけるよう、配慮しています!

神戸・大阪・京都のウィークリーマンション・マンスリーマンションのことなら、OneLifeにご相談ください。

当社ワンライフは、関西・東京を中心にマンスリーマンションを扱っております。

こだわり検索や駅名からの検索もできますので、一度ご希望のマンスリーマンションがあるかチェックしてみてください。

マンスリーマンションのこだわり検索

マンスリーマンションの駅名検索

また、Webの問合せフォームお電話でお気軽にご相談いただけます。

ぜひ、こだわりの条件をお問い合わせくださいね。

お任せコンシェルジュ(問い合わせフォーム)

東京 フリーダイヤル:0120-991-480
関西 フリーダイヤル:0120-097-437