東京・関西のウィークリー・マンスリーマンション情報・検索サイト!

ワンライフ

  • 東京

    03-5405-20010120-991-480

  • 関西

    06-6485-36300120-097-437

マンスリーマンションに家具は持ち込めるのか? ルールやマナーを整理

マンスリーマンションは、生活に必要な家具が揃っている、というのが大きな売りです。

確かに、ベッドや冷蔵庫など生活に最低限必要な家具は最初から揃っています。
特にこだわりがなければ、大きく不自由することはありません。

しかし、ある程度の長期で滞在するとなった場合には、自分で選んだお気に入りの家具、使い慣れた家具に囲まれて暮らしたい、と思われる人も多いのではないでしょうか。

使いやすさや機能性の面ではもちろん、自分で選んだものに囲まれて暮らしていると、それだけでテンションが上がったり、家での生活の質が大きく向上します。

この記事では、「マンスリーマンションに家具が持ち込めるのか?」ということと、
「家具を持ち込んだときの暮らしのマナー・ルール」についてご紹介していきたいと思います。

マンスリーマンションに家具は持ち込めるのか?

マンスリーマンションには、自由に家具を持ち込むことができます。
お好きな家具を持ち込んだり、レイアウトを変更することも基本的には可能です。

ただし、自分の好みの家具を置くために、備え付けられている家具が邪魔になるからと勝手に処分することはできません。使わなくても室内で大切に保管しておく必要があります。
場所を移動させる時には、うっかり傷を付けてしまわないよう、慎重に行いましょう。

契約の段階で、物を動かす前に写真を撮り、何がどこにあったのかをわかるようにしておくと安心です。
さらに、持ち込んだ私物と備え付けの家具・家電の区別がつくように、リストアップしておく良いですね。

足りないものを持ち込むのであれば問題ありませんが、既に備え付けの家具を使わずに別途自分で用意する場合、当然ながらその分のスペースは狭くなります。

持ち込みの際には、経路を通らずに外のベランダから吊り上げて入れるような、大型の家具は避けるのが無難です。
総合的に考えて、持ち込むことで生活の質が上がるものなのかどうか、よく検討してから決めることをおすすめします。

マンスリーマンションに持ち込める家具

マンスリーマンションに持ち込める家具は、基本的に自由です。

日々の生活において何を重視するかは人それぞれなので、例えば映画鑑賞が趣味なら、大画面のテレビがあると嬉しいでしょう。

料理好きの人なら、キッチンアイテムを充実させたいと考えるかもしれません。
食器棚やワゴンなどもあると便利ですよね。

一般的に思いつく「生活の質を変える」ために重要度の高いものといえば、以下のようなものが挙げられるのではないでしょうか。

ソファ   色やサイズ、座り心地などこだわりが大きいアイテムです

テーブル  素材や高さなど、使い勝手を重視して選びたいものです

ラグ   小さなものですが、あると嬉しいアイテムのひとつです

カーテン  色やデザイン、遮光性の有無で、お部屋の雰囲気が大きく変わります

デスク  室内で仕事をする場合、もっとも集中力が高まる環境を作るのは大事です

チェア  室内で仕事をする場合、もっとも集中力が高まる環境を作るのは大事です

大画面のテレビ  DVD鑑賞やスポーツ中継の観戦など、迫力のある画面なら最高です 

5.1chサラウンドなどオーディオシステム  上質な音は、耳へのご馳走となります

他にも、昼間と夜とで雰囲気を変えることのできる

間接照明

喘息や花粉症など、アレルギー体質の人には心強い家電である

空気清浄機

家飲みを本格的に楽しみたい人は、

小型のワインセラー

スポーツジムに入会するほどでもないけれど、効率よく体を動かしたい人なら、

エアロバイク

仕事上のストレスが多い、とにかく癒されたいという人には、

観葉植物

といったものも、無くても暮らせなくはありませんが、あると生活の質が大きく上がりそうですね。

マンスリーマンションに家具を持ち込むときの2つの注意点

マンスリーマンションに家具を持ち込むことはできますが、家具を持ち込み、生活する上での注意点はどのようなものがあるでしょうか?

より便利で快適に、自分らしく暮らすために持ち込んだはずが、不注意で規約違反となる事態を招いてしまうと、大きなリスクが発生します。

かといって、毎日ビクビク怯えながら恐る恐る暮らすのでは、何のために家具を持ち込むのかわからなくなり本末転倒。

「しまった、こんなはずじゃなかったのに」

と後悔するようなことにならないよう、主な2つの注意点をお伝えします。

注意点1.部屋の設備に傷をつけないように気を付ける

ソファやテーブルなど大物家具を持ち込むときに注意してほしいのが、お部屋の設備を傷つけないように気を付けることです。防止するには、どのように対処すれば良いのでしょうか。

例えば、ソファの脚には凹み跡がなるべく付かないように、フェルト製やゴム製のクッション材を敷いたり、床に敷くマットタイプの傷予防グッズを活用するなど。

ホームセンターやネット通販でも、様々なグッズが手に入ります。ひと工夫することで、傷がつくのを防ぐことができます。
機能的なだけでなく、デザイン性も兼ね備えたアイテムもありますので、ぜひ探してみましょう。

また、床の材質によって、傷のつきやすさや家具との相性も異なります。上手に選べば、傷を防ぐだけでなく、使い勝手も良くなり、ストレスも軽減できます。

材質に合った対策を知り、便利なアイテムを選んでくださいね。

フェルト製 → Tenn Well 家具保護パッド, 50pcs丸いフェルトパッド キズ防止・防音 (グレー)

ゴム製 → 家具保護パッド, 天然ゴム8pcs7.5cmキズ防止・防音 丸いフェルトパッド,すべり止めパッド 滑り止めゴム

注意点2.マンション退出時は1つの家具も残さない

2つめの注意点は、「マンション退出時には、1つの自分の家具も残さない」ということです。

マンスリーマンションに限らず賃貸物件全般にいえることですが、賃貸を始めた状態に戻す「原状回復」が基本です。

そのためには、

・退去日前に家具を次の滞在先・家に運ぶ

・退去日前に費用を負担してリサイクル業者に処分を依頼する(収集日も退去日より前にし、収集が完了したことを確認してから退去しましょう)

・極力、家具の使用によって出た汚れは、出来る範囲で清掃する

以上のことを行なって、契約時の状態に戻しておくことが大切です。

東京・大阪・神戸で家具が揃えられる代表的スポット

いろいろなお部屋の提案をショールームで見ることができ、実際の生活をイメージしながら家具を選べるスポットといえば、何といってもIKEAです。

ぜひ実際に店舗へ足を運んで、お部屋のイメージをふくらませてみてください。

・IKEA立川

東京都立川市緑町6

https://www.ikea.com/jp/ja/stores/tachikawa/

・IKEA港北

神奈川県横浜市都筑区折本町201-1

https://www.ikea.com/jp/ja/stores/kohoku/

・IKEA鶴浜

大阪府大阪市大正区鶴町2-24-55

https://www.ikea.com/jp/ja/stores/tsuruhama/

・IKEA神戸

兵庫県神戸市中央区港島中町8-7-1

https://www.ikea.com/jp/ja/stores/kobe/

・IKEA原宿 2020年4月25日(土)オープン

東京都渋谷区神宮前1-14-30

https://www.ikea.com/jp/ja/stores/harajuku-pub246450b0

また、「個性的な1点ものが欲しい!」といった方には、

アンティークショップを攻めてみるのもおすすめです。

東京・下北沢 アンティーク山本商店

東京都世田谷区北沢5丁目6−3

http://www.antique-yamamoto.co.jp

大阪・上本町 COACHELLA HEAD

大阪府大阪市天王寺区味原本町9−15

https://www.coachellahead.com

神戸・甲南山手 アンティーク家具ショップ神戸家具

神戸市東灘区森南町2丁目1-1

https://bella-vita.jp

まとめ:どうせ住むなら、自分の生活が最も快適に生産的におくれる部屋作りを!

マナーやルールさえしっかり守れば、マンスリーマンションに家具を持ち込むのは自由です。
期間限定だから、多少のことは辛抱しようと考える人もいると思います。

でも、特に在宅ワークをする人にとって、長時間仕事をするためのデスクやチェアは体に合わないものを無理して使い続けるのは、大きなストレスになります。

もし、首や肩、腰を痛めて整形外科や接骨院に通うといったことになれば、生活の質が一気に下がってしまいます。時間も費用もかかりますし、何より体のどこが痛くてもつらいものです。
安易に妥協することはおすすめできません。

また、無くても生活はできるけれど、あったらとても嬉しくテンションが上がる家具に囲まれていると、モチベーションも上がりますよね。

さらに、自宅同様に快適な空間になれば、足りないものを求めて日々の外出や買い物で補おうとする出費を抑えられ、節約ができるかもしれません。

決まった期間とはいえ、マンスリーマンションに住んでいる期間をできる限り快適に、そして仕事も生産的に行うために、お気に入りの家具をそばに置いて、生活をしていくのはいかがでしょうか?

東京・大阪・神戸の快適な暮らしをつくりだすマンスリーマンションならワンライフまで!