神戸・大阪・京都のウィークリー・マンスリーマンション情報・検索サイト!

ワンライフ

神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル207号

078-384-1340

ウィークリーマンションの意外な使い方 | 長期取材やロケの拠点

撮影

ウィークリーマンションは、長期出張や研修、就職活動や大学受験などを理由に、遠方からしばらくの間宿泊する必要がある方に、一般的に利用されます。

そんなウィークリーマンションの意外な使い方の1つが、長期取材やロケの拠点にすることです。

長期取材やロケの拠点として、ホテルが連泊利用されることは珍しくありませんが、実はウィークリーマンションも、長期取材などの宿泊時にさまざまなメリットのある、知られざるおすすめの宿泊施設なのです。

今回は、ウィークリーマンションが、意外にも長期取材やロケの拠点としておすすめな理由をお伝えします。

ホテルと比較したデメリットもお伝えするので、それらを総合的に比較して、その時々の長期取材・ロケの期間や内容に応じた最良の宿泊施設の選択を行ってみましょう。

長期取材・ロケはとにかく大変!宿泊拠点として何が必要?

取材

  1. 決まった期間で仕事をこなさないといけないため多忙
  2. 予定が変わることが頻繁にあり、フレキシブルに動ける必要がある

上記のように、長期取材・ロケ関係者には、他に中長期滞在する方とは違った背景や需要があります。

以下でさらに詳しく、見ていきましょう。

【1】決まった期間で仕事をこなさないといけないため多忙

長期取材・ロケの場合、あらかじめ撮影スケジュールや取材の予定が決められており、そのスケジュールの範囲内で仕事を終了する必要があります。

そのため、朝から晩まで時間に関係なく撮影が行われる場合もあり、宿泊施設に拠点を置いている間、不規則な生活を強いられることも多々あるようです。

【2】予定が変わることが頻繁にあり、フレキシブルに動ける必要がある

取材や撮影の進捗状況によって、仕事をする予定が頻繁に変わるため、急な仕事にも対応できるよう身軽にいつでも動ける状態でなければなりません。

撮影の進捗状況によっては、早めに撮影が終了する、また延期してしばらく撮影する必要があるなど、納得のいく成果物ができるまで、スケジュールに変更が起こりやすい点も特徴です。

このように長期取材・ロケ関係者は多忙であり、身軽にいつでも仕事ができる状況でなければいけない点が、他の中長期宿泊者とは違った特徴となります。

以下では、こうした長期取材・ロケ関係者ならではの事情を踏まえ、ウィークリーマンションを拠点にするメリットを紹介します。

長期取材・ロケの拠点にウィークリーマンションを選ぶ3つのメリット

ウィクリーマンションのメリット

  1. 急な仕事でも身軽に動ける
  2. 長期滞在のストレスを和らげてくれる
  3. 長期滞在でも部屋を移動する必要がない

上記は、長期取材・ロケ撮影の関係者が、ウィークリーマンションを利用する具体的なメリットです。

ホテル連泊とはまた違ったメリットを、それぞれ見てみましょう。

【1】急な仕事でも身軽に動ける

ウィークリーマンションはホテルと違い、初めに入居申し込みなどの手間がかかる分、1度鍵を受け取ってしまえば、自宅のように使用できる点がメリットです。

ホテルでは行き帰りの際に、鍵を毎回フロントに渡さなければならないところも多いですが、ウィークリーマンションであれば、1度鍵を受け取ってからは、自分で管理することになります。

そのため、急な仕事が発生したとしても、フロントに寄ってから外出する必要がありません

期間が満了するまで鍵を返却する必要がないので、急な取材・撮影などに対しいつでも身軽に動くことができます。

また、ホテルなどと違って、洗濯機が備え付けられているため、決まった時間に手続きが必要なクリーニングの手配や受取といった手間も必要ありません。

時間に囚われることがなく、身軽に取材や撮影に対応することができます。

【2】長期滞在のストレスを和らげてくれる

限られた時間の中での多忙な仕事に加えて、慣れない土地での長期滞在は、誰でも通常は感じない疲れやストレスが溜まるものです。

短期での滞在だとあまり気になりませんが、長期での滞在となると、ホテル独特の薄暗い照明や、窓が少ししか開かない圧迫感を感じる空間は、大きなストレスとなります。

ウィークリーマンションなら、一般的なホテルよりも照明が明るく、キッチン・冷蔵庫など必須設備の他に、お部屋によってバルコニーがついていることもあり、ちょっと一息外の空気を吸うなど、自宅と同じような環境で過ごすことができます。

大きな窓で空気の入れ替えができるので、ホテルと比べると乾燥の問題は少なく、快適に過ごしやすいです。

【3】長期滞在でも部屋を移動する必要がない

取材・撮影の場合、最低でも1週間以上滞在することが多く、ホテルの場合に数人分の長期滞在を手配しようとすると、数日ごとに部屋の移動を必要とされる場合があります。

特に繁忙期は、2ヶ月前からと早めに計画を立てていても予約が確保できないこともあるのです。

一方ウィークリーマンションは、前に予約を取ってしまえば、決まった期間に部屋を移動することがなく滞在できます。

過密スケジュールでハードな生活を過ごす中で、部屋の移動にまで時間を取られては、余計な疲れが増し、仕事に影響が出る可能性がありますよね。

また、撮影の場合、急にスケジュールが伸びることもよくありますが、ウィークリーマンションなら契約後、さらに契約更新できるので、部屋が空いている場合には、同じ部屋で契約延長することもできます。

このように、ウィークリーマンションが長期取材・ロケの宿泊拠点として選ばれるのは、自宅と同じような設備で、ホテルに必要な手間がなく身軽に過ごせる点が大きな理由のようです。

長期取材・ロケの拠点にウィークリーマンションを選ぶ3つのデメリット

ウィークリーマンションのデメリット

  1. ホテルよりも物件数が少ない
  2. 即日の入居はできない
  3. 短期間の入居には向かない

それでは逆に、ウィークリーマンションを長期取材やロケの宿泊拠点として使用する際、ホテルの利用と比較してデメリットになりえる点をお伝えします。

【1】ホテルよりも物件数が少ない

ウィークリーマンションはホテルよりも物件数が少ないため、急な予約や繁忙期の際は、希望する最寄駅や設備のマンションを予約することが難しい場合があります。

ホテルよりも物件数が少ない点をあらかじめ知っておいて、できるだけ早めの予約を心掛けることが必要です。

【2】即日の入居はできない

ウィークリーマンションはホテルの予約と違い、入居までに契約書の締結などの手続きを踏む必要があるため、原則即日での入居ができません。

そのため「スタッフの派遣が新たに必要となったため、急ぎで長期の宿泊先を探している」といった方には、向かない宿泊施設となります。

⇒ ウィークリーマンションを契約するまでの流れを詳しく知りたい方はコチラ
※「マンスリーマンションの契約までの流れ | 契約前に知っておいた方がいいこと」へリンクしています。

【3】短期間の入居には向かない

ウィークリーマンションは最短7日間から予約することができます。

もちろん、3日・4日だけ滞在したいという方も宿泊はできるのですが、費用は7日分かかることになるので、割高な宿泊費を払う必要があるのです。

3日・4日だけなど1週間以下での宿泊の場合は、ホテルで宿泊施設を探すことをおすすめします。

長期取材やロケ期間中の生活が、少しでも楽になる拠点を探してみよう

神戸・大阪・京都・東京でウィークリーマンションを展開する、当社「OneLife」にも、毎年甲子園の取材関係やロケ宿泊についてのお問い合わせをいただいております。

しかし現状、まだまだ同業者の方には、ウィークリーマンションは知られざる穴場の宿泊施設ではないかと思います。

長期取材やロケ撮影で宿泊施設にお困りの方は、ストレスが軽減でき快適に過ごせるウィークリーマンションでの滞在をぜひご検討ください。

長期取材・ロケ期間中の生活拠点を探すならOneLifeにお問い合わせください。