神戸・大阪・京都のウィークリー・マンスリーマンション情報・検索サイト!

ワンライフ

神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル207号

078-384-1340

2人でウィークリーマンションに住む場合は別料金がかかるのか?

ウィークリーマンション 2人利用イメージ

ウィークリーマンションやマンスリーマンションには単身利用のイメージがある方もおられますが、2人まで利用できるお部屋や、ファミリー向けのお部屋もあります。

ちなみにOneLifeが取り扱っているウィークリーマンション・マンスリーマンションには、1人~2人で住むことが可能です。

  • プチ同棲をされる方
  • リフォーム中の仮住まいにされる方

など、2人でウィークリーマンションを活用される理由は様々かと思います。

もしホテルの場合は、2人分の宿泊料が掛かるわけなので、ウィークリーマンションも別料金が掛かるのか気になるかもしれませんね。

そこで今回は「料金は2倍かかってしまうのか?」「何日から2人目の料金が必要になるの?」など、ウィークリーマンション・マンスリーマンションに2人で住む場合に必要な料金に関する疑問にお応えしていきたいと思います。

ウィークリーマンションで2人住む場合、2人目の料金が掛かるのか?

二人料金 考案イメージ

まず根本的な「そもそも、2人で同じ部屋を使う場合、2人目は無料で使えないの?」という疑問にお答えしたいと思います。

後で詳しく説明しますが、“2人利用が可”となっている物件でも、2人目の方がいる場合は一定の料金が加算されます。

よって、“1部屋分のお金で2人で住むことはできない”ということです。

ただし、年齢制限が設けられてあり、小学生以下のお子様は無料となっています。

では、実際に「どのくらいの料金が追加でかかるのか?」という疑問について、以下で詳しく見ていきましょう。

ウィークリーマンションに2人で住む場合に追加で掛かる料金の例

料金システムイメージ

OneLife大阪農人橋の料金システム

この画像は、OneLifeのサイトに掲載されているウィークリーマンスリーマンションに、”1人で住んだ場合の料金表”で、見ればお分かり頂けるかと思いますが、賃料とは別途で1人あたり光熱費900円/日がかかります。

このようにウィークリーマンスリーマンションの料金表は、基本どこも1人住まいの場合の料金を掲載しているかと思います。

ただ、先述したように、2人でウィークリーマンション・マンスリーマンションの同じ部屋に住む場合は、一定の追加料金が必要です。

どれくらいの料金が追加されるのかは、ウィークリーマンション・マンスリーマンションの運営会社によって異なります。

弊社OneLifeの場合は期間別で2つの料金パターンがあります。

  • 1ヵ月未満のご利用の場合、賃料の半分
  • 1ヵ月以上のご利用の場合、利用日数分の光熱費

を追加でいただくことになっています。

ここから1週間利用した場合と2ヵ月利用した場合の料金を計算してみましょう。

2人で1週間(7日)ウィークリーマンションに住んだ場合の料金例

1週間(7日)の利用はスーパーショートプラン(1ヵ月未満プラン)に当たるので、1人の場合の「1日の賃料は3,800円」です。

また、1ヵ月未満の利用なので、2人目の料金は賃料の半分です。

1人目(通常賃料):3800円×7日=26,600円
2人目(半額賃料):1900円×7日=13,300円
合計:39,900円

2人で2ヶ月間(60日)ウィークリーマンションに住んだ場合の料金例

2ヵ月(60日)の利用はショートプラン(1ヶ月以上~3ヶ月未満)に当たるので、1人の場合の「1日の賃料は3100円、1ヶ月93000円」となっています。

また、1ヶ月以上の利用なので、2人目の料金は利用日数分の光熱費です。

1人目(通常賃料):3100円×60日=186,000円
2人目(利用日数分の光熱費):900円×60日=54,000円
合計:240,000円

追加の賃料や光熱費以外でかかるもの

また、2名で住むとなると、布団が必要になってきます。

ご自身で持ち込まれるのであれば、特に費用は掛かりませんが、寝具をレンタルする場合は、その分の料金が必要です。

レンタル料金は寝具の大きさにより違いますが、8,000円前後で考えておくといいでしょう。

2人分のウィークリーマンションの手続きについて

事務手続き

まず、ウィークリーマンション・マンスリーマンションの事務手数料については、1人利用の場合も2人利用の場合も変わらず、上乗せされることはありません。

身分証明書(運転免許証股はパスポートのコピーなど)については、入居される方全員の分が必要です。

利用期間何日から2人目の追加料金が必要?

ここでは「何日目から2人目の追加料金が発生するの?」という疑問にお応えしていきたいと思います。

まず、当日誰かが遊びに来るだけの場合なら、追加料金は発生しませんし、事前の申請も不要です。

2人目の料金が発生するのは、ウィークリーマンション・マンスリーマンションに寝泊りする場合です。

つまり1泊以降は、追加料金が発生します。

「当初の契約では終始単身での利用を想定していたけれども、利用期間中の数日間だけ、もう1人追加で住まわせたい」というようなケースでは、事前に申請をいただき、利用日数分の追加料金を前払いで支払っていただいてから、利用をお願いしております。

ちなみにOneLifeの場合、単身利用は最低契約期間(7日間)が決まっていますが、2人目のお客様には最低契約期間は決まっていません。

そのため、遊びにきたい日数分だけ、追加料金をいただければOKです。

1人分の料金で2人が利用しているのが判明した場合は?

契約違反イメージ

こんなことを考える方は少ないかと思いますし、実際にOneLifeでの実例はないのですが、1人分の料金で2人以上の方が住んでいるのが判明した場合、契約違反となってしまいます。

契約違反判明時の対応は、ウィークリーマンション・マンスリーマンションの運営会社によりけりですが、退去処分になってしまうことも十分考えられますので、不正な利用は避けましょう。

ウィークリーマンションに2人で住む時の料金についてのまとめ

以上、ウィークリーマンション・マンスリーマンションの2人料金についてのまとめでした。

  • 2人目は1泊(2日目の利用)から追加料金が発生する
  • 1ヵ月未満の利用なら賃料の半分が追加
  • 1ヵ月以上の利用なら日数分の光熱費が追加
  • OneLifeの場合、お部屋の代金や事務手数料はそのまま

※上記すべてOneLifeの場合

単純にウィークリーマンション・マンスリーマンションの利用料金が2倍になるわけではありませんので、ご安心ください!

最後になりますが、ウィークリーマンション・マンスリーマンションに2人で住まれる際に気をつけていただきたいのは、騒音です。

2人で暮らしていれば、おしゃべりが弾むこともあるかもしれませんが、他のマンション同様に多くの人が住んでいます。

とはいえ、しっかりした造りのマンションなので、音が筒抜けになるということはありませんが、深夜などの時間帯には騒がないように注意しましょう。

ドアの開閉や足音など、普段暮らしている自宅と同じようにご配慮いただければと思います。

単身で住んでも2人で住んでもいいウィークリーマンション・マンスリーマンションで、快適な生活を送っていただければと思います!

2人で利用できるウィークリーマンション・マンスリーマンションを探すなら、OneLifeにお任せください。

→ 神戸・大阪・京都のウィークリー・マンスリーマンション情報・検索サイト!