神戸・大阪・京都のウィークリー・マンスリーマンション情報・検索サイト!

ワンライフ

神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル207号

078-384-1340

マンスリーマンションで2人暮らしする前に知っておきたい4つのこと

2人暮らし 疑問イメージ

短期間だけ、2人で生活するというケースが、意外と多いのはご存知ですか?

  • お試し同棲をする
  • 新入社員研修で2人1組になる
  • 海外から友達がくるのでその期間だけルームシェアを楽しみたい……etc

特に上記のようなケースで短期間の2人暮らしをされますが、その住居としてマンスリーマンションは適しているのかと、疑問に思われる方が多いようです。

今回の記事では、マンスリーマンションでの2人暮らしを検討されている方(法人様含む)が、事前に知っておきたい情報をお届けします!

マンスリーマンションは2人で使える!けど推奨はされていない

微妙な判断イメージ

まず結論から言いますと、マンスリーマンションは2人で住むことが出来ます

一概には言えませんが、単身向けのマンスリーマンションであっても”2人まで可”となっていれば、プチ同棲やルームシェアなどに使うことは可能でしょう。

しかし、決して推奨されているわけではないということがポイントです。

単身向けマンスリーマンションで2人で暮らすことは可能でも、2人で暮らすデメリットを把握していないと、実際住み始めたときに不便を感じたり、最悪の場合トラブルに発展する可能性があります。

そうした事態にならないために、単身向けマンスリーマンションを2人で使うなら知っておきたい4つのポイントを、次の項目で取り上げましょう!

マンスリーマンションに2人で住むなら知っておきたい4つのこと

注意点イメージ

  1. マンスリーマンションの賃料は1人分ではない
  2. 単身向けの部屋は家具・家電も1人用
  3. 単身向けのお部屋で2人暮らしはストレスが溜まるかもしれない
  4. 騒音にはより一層気をつける必要がある

マンスリーマンションに2人で住むなら知っておきたいことには、大きく分けて上記の4点があります。

以下でそれぞれの注意点を、詳しく見ていきましょう。

1.マンスリーマンションの賃料は1人分ではない

「1人用のマンスリーマンションに2人で住むなら、賃料が半分ずつで済むかも!」と思っていませんか?

実際はそうではなく、もう1人分の追加料金がかかります。

弊社OneLifeの場合、マンスリーマンションの追加料金の仕組みは以下のようになっています。

  • 1ヵ月未満のご利用の場合、賃料の半分
  • 1ヵ月以上のご利用の場合、利用日数分の光熱費

どちらの場合でもあっても、1人分の賃料に上乗せされることには変わりはないので、仮に”割り勘”するとしても、大幅に安く感じるということはないと思われます。

<詳しくはコチラ>

⇒ 2人でウィークリーマンションに住む場合は別料金がかかるのか?

2.単身向けの部屋は家具・家電も1人用

ベッド

当たり前のことではあるのですが、単身向けのマンスリーマンションについている家具・家電は、単身用です。

例えば、ベッドは1つしかないことがほとんどです。

ベッドが1つしかない部屋に2人で住まれる場合、ベッド用の布団と、床に敷いて寝る和布団の両方を持ち込むか、レンタルしていただく必要があります。

また、マンスリーマンションのお部屋の鍵も基本的には共有です。

鍵が1本しかない都合上、2人が同じタイミングで外出・帰宅できるケースや、お部屋に早く帰ってくる人が決まっているケースでないと、マンスリーマンションを2人で使うのは難しいかもしれません。

3.単身向けのお部屋で2人暮らしはストレスが溜まるかもしれない

短期間ならともかく、1ヶ月以上の期間となると、1Rや1Kでの2人暮らしは、意外と閉塞感が大きく、性格によってはつらく感じる方がいると思われます。

マンスリーマンションでの同棲やルームシェアに限ったことではありませんが、生活を共有できる楽しさがある一方で、生活を共有するストレスもあることに留意しましょう!

賃料は高くなってしまいますが、思い切って部屋数が多くて、広いファミリータイプのマンスリーマンションを借りる方法もアリです。

4.騒音にはより一層気をつける必要がある

騒音注意イメージ

マンスリーマンションに2人で住む場合、おしゃべり声や足音などの騒音を、極力抑えることを忘れないでください。

実際に住んでいる間、1番気をつけないといけないのがコレかもしれません。

配慮を怠ると、近くの部屋の方から苦情が入る可能性が高いです。苦情は言う方も言われる方も、気持ちのいいものではありませんよね。

普段はなかなか会えない友達とルームシェアする場合などは、気分が盛り上がり楽しいと思いますが、きちんと守るべきマナーは守りましょう。

2人で暮らすことに適したマンスリーマンションの間取り

アパートメント間取り

費用面を考慮したうえで挙げる、2人暮らしに適したマンスリーマンションの間取りは以下の3パターンです。

  • 1R
  • 1K
  • 1LDK

1Rのマンスリーマンションで2人暮らしするメリットとデメリット

  • メリット :1Kよりは閉塞感を感じない
  • デメリット:調理後のニオイが部屋にこもる

1Kのマンスリーマンションで2人暮らしするメリットとデメリット

  • メリット :調理後のニオイが気になりにくい
  • デメリット:1Rよりは閉塞感を感じる

1LDKのマンスリーマンションで2人暮らしするメリットとデメリット

  • メリット :個別のスペースが確保しやすい
  • デメリット:賃料が高い

<マンスリーマンションの間取りに関する詳細記事はコチラ>

⇒ ウィークリーマンション・マンスリーマンションの間取りの種類と特徴

まとめ

ルームシェア イメージ

ここまで記事を読んでくださった方は、「マンスリーマンションで2人暮らしするのはデメリットだらけだから、やめた方がいいという事!?」と思われるかもしれませんが、決してそうではありません。

“同棲”や”ルームシェア”は楽しそうなイメージが強く、実際にそうだとも言えるでしょう。

特に、お試し同棲(プチ同棲)の場合は、一緒にいて心地よい人かどうかがわかる良い機会ですし、単純にワクワクしますよね!

ただ、何も心構えをしないで単身用マンスリーマンションを2人で利用すると、「想像より狭い」、「思ったよりも気疲れする」、「うるさくしすぎて近所の方に怒られた……」となる可能性がゼロではありません。

研修などで止むを得ずマンスリーマンションに2人暮らしをする場合は、ストレスが溜まり過ぎないような工夫をし、友人・恋人とルームシェア的感覚でマンスリーマンションに2人暮らしをする場合は、マナーやモラルを1人の時よりもしっかり意識して、その上で楽しく生活を送りましょう

当社OneLifeは、主に単身者向けのウィークリーマンション・マンスリーマンションをご案内しています。

2人利用が可能なお部屋もございますので、その場合はご相談ください!

神戸・大阪・京都でウィークリーマンション・マンスリーマンションを探すならOneLifeまで!