東京・関西のウィークリー・マンスリーマンション情報・検索サイト!

ワンライフ

  • 東京

    03-5405-20010120-991-480

  • 関西

    06-6485-36300120-097-437

「マンスリーマンションの利用シーン」を業者が思いつく限りまとめてみた【意外な用途も】

マンスリーマンション 選び方イメージ

“ウィークリーマンションやマンスリーマンションってどういう時に使う?”と聞かれたら、「出張や短期赴任で使うものだよね」と考える方が多いかもしれません。

それも確かにそうなのですが、ウィークリーマンションやマンスリーマンションを使うタイミングは、出張だけに限りません。

ライフスタイルが多様化している現代では、本当に様々な目的でマンスリーマンションが使われているのです。

そこで今回は、知っておくと役立つウィークリーマンション・マンスリーマンションの使い方を一挙にまとめてみました!

仕事に関係するマンスリーマンションの使い方

ビジネスイメージ

  1. 中期~長期出張
  2. ポップアップストア
  3. マーケティング調査
  4. 工事期間中
  5. インターンシップ
  6. 就職活動
  7. 新入社員研修

1.中期~長期出張で使う

先述したように、やはり1番多いウィークリーマンション・マンスリーマンションの使い方は、”中期~長期出張の宿泊先として使う”使い方です。

1週間より短い出張だと、ビジネスホテル等を使う方が安いのですが、逆にそれ以上の出張期間であれば、ウィークリーマンション・マンスリーマンションの利用が安くなります。

生活に必要な家具・家電がお部屋に備え付けてあるため、荷物が少ない方なら身1つで移動できることもメリットです。

<関連コラム>

⇒ 大阪市への出張にオススメのマンスリーマンション特集!通勤しやすい物件の選び方

⇒ 神戸市への出張にオススメのマンスリーマンション特集!通勤しやすい物件の選び方

⇒ 出張にウィークリーマンションを使うメリット~利用事例3つから紹介~

2.ポップアップストア(ショップ)期間中に使う

地域活性化やブランドPRのために、期間限定のショップ=ポップアップストアが、駅前や百貨店などに開店されることがあります。

駅前・百貨店など人が集まる場所に開店するポップアップストアと、都市型のマンスリーマンションの相性はよく「お店にできるだけ近いところで宿泊先を決めたい!」という方にオススメなのです。

3.マーケティング調査の期間中に使う

お仕事によっては、本社から離れた地域のマーケティング調査(どんな人がどんな風に生活しているのか等、その街の雰囲気を肌で感じる)が必要になることがあるそうです。

マーケティング調査の期間はだいたい1週間~2週間程度だそうです。

その短い間でもホテルではなく、実際の生活に近いウィークリーマンションに住むことで、現地に住む方々の生活イメージがより湧きやすいのではないかと思われます。

4.工事期間中に使う

工事関係の方が、工事の期間中にウィークリーマンション・マンスリーマンションを使われるケースも多いです。

「夜寝るためだけに使うので、そこまで設備が充実していなくてもいいです」と言われる方も多く、その場合はかなり利用料金を抑えられています。

工事現場が郊外にある場合は、車を使って現場まで行きたいため、ウィークリーマンション・マンスリーマンションに駐車場が付いているかどうかを気にされる方が多いのですが、”駐車場付き”となると、かなり数が限られてきます。

<関連コラム>

⇒  ウィークリーマンションに駐車場はある?ない場合はどうすればいいのか

5.インターンシップ期間中に使う

インターンシップ生 イメージ

1週間以上のインターンシップの期間中に、ウィークリーマンションやマンスリーマンションを使われる学生さんが増えてきました。

大学在学中はずっと実家で暮らす予定だという学生さんにとって、インターンシップ期間中のウィークリーマンション・マンスリーマンションの一人暮らしは、いい経験になるようです。

<関連コラム>

⇒ インターンシップの宿泊料金を抑える方法 | ホテルorマンスリーマンション

⇒ 一人暮らしのお試しにウィークリーマンション(マンスリー)がオススメな理由

6.就職活動中に使う

遠方での就職活動の拠点として、ウィークリーマンションやマンスリーマンションを活用される方も多いです。

先述したインターンシップのタイミングでもOKですが、特に実家暮らしの方は、社会人になる前に短期間でも一人暮らしを経験されることをオススメします。

何にどれくらいお金がかかるのか分かりますし、そこから逆算して、就職以降自分が住む家の家賃の目安を決められるからです。

7.新入社員研修期間中に使う

ウィークリーマンション・マンスリーマンションは、新入社員研修期間中の一時的な”寮”として使ってもらうことにも便利で、当社「OneLife」へも法人様からよくお問い合わせが入ります。

新入社員研修の期間は長く、ホテルへの滞在は金銭面で現実的ではないですし、新入社員にリラックスした生活を送ってもらえるというメリットがあるから、需要が大きいのだと考えられます。

遊びに関係するマンスリーマンションの使い方

観光イメージ

  1. ゆっくり観光
  2. 舞台観劇

1.ゆっくり観光をするときに使う

観光イメージ

ウィークリーマンションやマンスリーマンションというと、ビジネス目的で使うイメージが強いかも知れませんが、最近は観光を目的に使う方も多くいらっしゃいます。

1泊程度では割高で、そもそも最低滞在期間が決められていて使えないというケースがほとんどですが、日にちをかけてゆっくり観光を楽しみたいという方には、ウィークリーマンション・マンスリーマンションがオススメです。

また、ホテルの予約がいっぱいになっている場合の、代替案としても有効です。

例えば”京都”であれば、電車・バス機関が発達していて、その影響で各駅近くにウィークリーマンション・マンスリーマンションが集中していますので、東西南北あちこち散策したいという方に向いているでしょう。

<関連コラム>

⇒ 格安で京都に連泊する3つの方法 | 3泊4日以上の京都旅行を考えている方向け

2.舞台観劇に使う

2週間くらいの日程で、同じ劇場で舞台公演が行われるケースがあります。

「その公演をできるだけ多く観に行きたい!」という方が、ウィークリーマンション・マンスリーマンションを使われるのです。

有名な劇場は都市に集中していて、ウィークリーマンション・マンスリーマンションも都市に集中しています。自分の条件に合うお部屋が見つかりやすいでしょう。

また、舞台を観る方だけではなく、舞台を演じる方や裏方さんからの需要もあります。

「ホテルを長期間おさえられない!」という場合に、ウィークリーマンションやマンスリーマンションが使えます。

学業やプライベートに関連するマンスリーマンションの使い方

お試し同棲 イメージ

  1. 通信制学校のスクーリング
  2. 大学受験
  3. 教育実習
  4. 通院・介護
  5. リフォーム中
  6. 期限がある物の制作に集中する
  7. お試し同棲

1.通信制学校のスクーリング期間中に使う

通信制学校には、1週間~2週間程度のスクーリング課程があることがあります。

“家が遠いから通信制にしている”という方にとって、スクーリングの期間中、宿泊先をどうするかは悩みどころでしょう。

スクーリングは1日や2日では終わらないので、ビジネスホテルよりもウィークリーマンション・マンスリーマンションを使う方が多くいらっしゃいます。

2.大学受験の期間中に使う

大学受験イメージ

遠方の大学を複数受験する方の場合、受験のたびに往復の交通費をかけるよりも、ウィークリーマンション・マンスリーマンションを利用して、しばらく現地に滞在する方が安上がりになることがあります。

また、何度も家と大学を往復するより、肉体的にも精神的にも楽です。

「もしも大学に合格すると、この町に住むのかな?」という想像のおかげで、試験のモチベーションが上がるということもあるかもしれません!

<関連コラム>

⇒ 大学受験でウィークリーマンションを活用するメリットと事例

3.教育実習の期間中に使う

教育実習の期間中に、ウィークリーマンション・マンスリーマンションを使うこともできます。

自分が教育実習に行く学校が、実家からも一人暮らししている家からも遠いという場合にオススメです。

4.通院・介護のために使う

通院や介護のためにウィークリーマンション・マンスリーマンションを使うケースも、数多くあります。

  • 海外赴任していて日本に一時帰国する。
    日本に家はないが、海外赴任前に通っていた病院に通院したい
  • 親が入院したので付き添いたい
  • 身内の出産に付き添いたい
  • 親の在宅介護に兄弟が交代で行くことになった

上記のような場合に、ウィークリーマンション・マンスリーマンションに住むと便利です。

急な通院・入院・介護であっても、引っ越しの準備をしなくてもいいことや、ホテルよりも生活感のある暮らしでリラックスしやすいというメリットが挙げられます。

5.リフォーム中の仮暮らしに使う

大幅なリフォームを行う場合、リフォーム期間中に仮暮らしする場所が必要になります。

1ヵ月単位のリフォームのために、家族全員でホテルを利用するのは現実的ではないため、必然的にウィークリーマンションやマンスリーマンションの利用に選択肢が絞られてくると思います。

3人以上の家族で利用する場合、ファミリー用の広い間取りのお部屋を探すか、1人~2人用のお部屋を複数借りるといいです。

引っ越しの苦労いらずで、普段の生活とほぼ同じ生活が送れるため、長期間の仮暮らしでもストレスが少なく過ごせるでしょう。

<関連コラム>

⇒ リフォーム中の仮住まいに利用できる物件の種類と比較

6.期限がある物の制作に集中するために使う

デザインや漫画、小説の制作に力を入れている方が、作業に集中するための別宅として、ウィークリーマンション・マンスリーマンションを使うケースも多いです。

特に時期が限定されず、いつでも使える別宅が欲しいという場合は、狭いアパートを借りる方法がいいと思いますが、個展の開催前や〆切前など、限定的に使う場合には、ウィークリーマンションやマンスリーマンションが経済的です。

いわゆる”ホテルに缶詰め状態で頑張る”という状況で、使える1つの手段なのです。

7.お試し同棲に使う

ウィークリーマンション・マンスリーマンションは、結婚前のカップルがお試し同棲に使う場合もあります。

本格的に同棲を始める前のワンクッションとして、または引っ越しや面倒な手続きは嫌だけど2人で暮らす楽しさを味わうためとして、最適な手段だと言えます。

“1週間以上で安く暮らせる場所”といえばウィークリーマンション・マンスリーマンション

マンスリーマンション生活イメージ

以上、ウィークリーマンションやマンスリーマンションの使い方をまとめてみました。

もちろん、上記で取り上げた以外にも、様々な活用方法があるかと思います。

“1週間以上安く暮らせる場所が欲しい”という目的がある、ほとんどのケースでウィークリーマンション・マンスリーマンションを遣うことが便利だと言っても過言ではないでしょう。

当社「OneLife」では、神戸・大阪・京都で1人1人の様々なライフスタイルに合ったウィークリーマンション・マンスリーマンションをご案内しております。

何でもお気軽に、お問い合わせください!

東京・大阪・神戸でウィークリーマンションやマンスリーマンションを使うならOneLifeまで!