神戸・大阪・京都のウィークリー・マンスリーマンション情報・検索サイト!

ワンライフ

神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル207号

078-384-1340

大学受験でウィークリーマンションを活用するメリットと事例

受験 イメージ

人生において大きな出来事の1つである大学受験。親元(実家)を離れた、遠方の大学を受験する方も多いでしょう。

有名私立大学(関西圏であれば、関西大学・関西学院大学・同志社大学・立命館大学など)では、遠方に住む人が受験しやすいように、全国各地に地方受験場を設置しているパターンも多くなってきてはいます。

しかし、比較的小規模の私立大学ではまだ地方受験のシステムが整っていなかったり、本会場や地方会場まで微妙に距離が遠かったりする場合、受験期間の間だけ、受験会場の近くに滞在するケースも未だよくあるようです。

大学を受験するのが高校生である場合、学校行事や旅行以外で、住んでいるところから遠く離れることが初めてであることに加え、受験の緊張もありますので、受験期間中の滞在に関して不安に思うところも多いでしょう。

また、その高校生を見送る親御さんも「子どもが安心して受験会場に行けるようにしてあげたい」と、思われているのではないでしょうか。

今記事では、そんな大学受験にウィークリーマンションを活用するメリットと、実際にあった活用例をご紹介いたします。

複数の大学を受験し1週間以上滞在する場合は、ウィークリーマンションが安い

連泊プランの有無やビジネスホテルそのもののグレードにもよりますが、一般的には1週間以上の連泊の場合、ウィークリーマンションの方が安くなることが考えられます

受験する日程が1~2日に限られていれば、ビジネスホテルがお得

受験の期間は、人により様々です。

本命大学が一校しかなく、受験の日程も絞り切っている場合は、1~2日の滞在で済むことが多く、その場合1泊6,000円くらいのビジネスホテルに宿泊するのが、最善策でしょう。

(さらに格安のビジネスホテルだと、部屋が狭い場合が多く、ただでさえ受験でリラックスできない方にとっては苦痛かも知れません。)

1週間~1ヵ月にわたる受験の場合、ウィークリーマンションが安くてお得

逆に、同じ地域にある複数の大学を、様々な日程で受験する場合、受験期間が1週間から1ヵ月ほどにわたるケースもあります。

その場合、1回受験が終わるごとに実家に戻るケースも考えられますが、往復に飛行機や新幹線をどうしても使わないといけない場合、金銭的にはかなりの負担です。(1往復あたり2~3万円以上と数日の宿泊費用は必要になると考えられます。)

そのため、受験が完全に終了するまでの間、ビジネスホテルに泊まるのか、ウィークリーマンションを契約するのかを検討され、現地に滞在されるパターンも多いです。

仮に10日間、受験先の地域に滞在するとして、ビジネスホテルが1泊6,000円、ウィークリーマンションの1日の利用料も6,000円の場合、”9泊10日”で計算されるビジネスホテルの方がお得にも思えますが、10日間の滞在だと金・土・日を挟み、ビジネスホテルの宿泊料金が割高になってしまうので、細かく計算するとウィークリーマンションの方が安くなるケースが十分に有り得るのです。

そもそもの場合、それだけの長期間連泊できない可能性も高く、予約も空いていないケースが最近では多いです。

大学受験にウィークリーマンションを活用すれば一人暮らしの感覚を掴める

大学受験にウィークリーマンションを使うメリットは、”安さ”以外にもあります。

中でも大きなメリットは、一人暮らし(下宿)の感覚を掴めることです。

ちょっと気が早いかもしれませんが、高校生など実家住まいの方が、受験した大学に見事合格したら、晴れて一人暮らしをすることになるわけです。

掃除・洗濯・炊事を何でも1人でこなさくてはならない環境に、初めは戸惑うのではないでしょうか。

仮に、ウィークリーマンションに10日間滞在すると、下宿をはじめる前に10日間1人暮らしの練習が出来ます。

受験の勉強や緊張で家事どころではないかも知れませんが、自宅に近い雰囲気の部屋で1人で滞在することは、下宿のイメージを掴むために役立ち、実際に下宿先の物件を選ぶ時の参考にもなるのではないでしょうか。

ビジネスホテルならではのメリットもある

一方ビジネスホテルの場合は、キッチンや洗濯機がないことが多いですし、”1人暮らしをしている”という感覚は薄いかも知れません。

その分、朝ごはんが食べられたり、ベッドをキレイにメイキングしてくれるサービスがあるのは魅力的です。(サービス内容は、ホテルによりけりです。)

地元に詳しいフロントがいるビジネスホテルの場合、「○○への行き道が分からない!」などちょっとした困りごとがあれば、助けてもらえる場合もあります。

実際にあった、受験時のウィークリーマンション活用例

OneLifeでも、実際に受験をする方からウィークリーマンションの利用に関するお問い合わせをいただくことがあります。

「試験当日にバタバタしたくない!」と試験会場へのアクセスが簡単なウィークリーマンションを活用

兵庫県の大学を受験されるという方からは、「試験日当日にバタバタしなくてもいいように、できるだけ大学の近くのウィークリーマンションにしたい」と希望がありました。

その大学は郊外にあり、徒歩で通える距離にウィークリーマンション(そしてビジネスホテルも)がなかったため、沿線を確認し、もっとも乗り換えが少ない阪急神戸線沿いの物件を提案させていただきました。

アレルギーでカーペットが苦手なため、フローリングのウィークリーマンションを活用

フローリング イメージ

また、同じ方がウィークリーマンションを活用された理由として、「ハウスダストアレルギーがあるため、カーペットのない部屋が良かった」というのもあります。

お客様が探している範囲のビジネスホテルでは、カーペットのないフローリングの部屋が無かったそうで、ウィークリーマンションの活用を検討されたとのことでした。

お金や受験会場へのアクセスを重視する以外に、できるだけ受験時の体調に配慮した、宿泊先の選び方もあるということです。

大学入学のチャンスが1度きりではないものの、その日の受験は1度きりですから、受験生の体調を考慮して、このようなきっかけでウィークリーマンションを活用されるのも1つの手です。

※参考:OneLife神戸fアモーレ

受験期間の滞在先を選ぶ時は、安さ・利便さだけでなくリラックスできる環境にあるか考えることも大切

以上、大学受験にウィークリーマンションを活用するメリットと、実際にあった活用例でした。

大学受験にはお金がかかるため、ウィークリーマンションやビジネスホテルに必要なお金は出来るだけ減らしたいと思われるのが第一かと思いますが、先述した「アレルギーが出にくいように」というような細かい観点からも滞在先を考えることで、よりリラックスできる環境を整えることができます。

心に余裕ができて、受験前の最後の復習にも集中できるかもしれませんね!

大阪・神戸・京都でウィークリー・マンスリーマンションを探してみようと思う方はこちらをご覧ください。

→ 神戸・大阪・京都のウィークリー・マンスリーマンション情報・検索サイト!