東京・関西のウィークリー・マンスリーマンション情報・検索サイト!

ワンライフ

  • 東京

    03-5405-20010120-991-480

  • 関西

    06-6485-36300120-097-437

マンスリーマンションの間取りは1Kだけなのか?間取りのバリエーションを見てみよう

アパートメント間取り

通常のマンションと同じく、ウィークリーマンションやマンスリーマンションにも、間取りの違いがあります。

今回は、ウィークリーマンション・マンスリーマンションによくある間取りと、それぞれの間取りの特色についてご紹介します。

「どんな間取りのお部屋に住もうかな?」と悩んでいる方は、参考にしてみてください!

ウィークリーマンションやマンスリーマンションによくある間取り

ウィークリーマンション室内イメージ-min

OneLife新神戸駅前<type-B>室内

ウィークリーマンションやマンスリーマンションとして貸し出されているお部屋に多い間取りは、以下の3種類です。

  1. 1R
  2. 1K
  3. 1LDK

やはりウィークリーマンションやマンスリーマンションは、単身で利用されることが多いため、1Rや1Kのお部屋がメジャーです。

次いで、単身利用だけでなく、2人以上の利用にも向いた1LDKのお部屋が人気と言われています。

1.1Rのウィークリーマンションの特徴

1R間取り-min

OneLife新神戸駅前<type-B>

1Rのウィークリーマンション・マンスリーマンションは、室内に仕切りがないため、実際のお部屋の広さ(平米数)の割に広く感じることが特徴です。

そのため、単身利用の方だけでなく、2人で利用したいという方にもオススメできます。

キッチンが切り離されていないため、エアコンの効いたちょうどいい温度で料理ができるというメリットがある一方、キッチンが切り離されていないことで、料理した時のにおいが寝る部屋に残ってしまうというデメリットがあります。

1Rのウィークリーマンション・マンスリーマンションの1ヵ月の賃料の目安は、12万円~18万円前後です。

2.1Kのウィークリーマンションの特徴

1K間取り-min

OneLife梅田新道SOUTH

1Kのウィークリーマンション・マンスリーマンションは、空間が細かく仕切られていることが特長です。1Rのお部屋との大きな違いは、キッチンと生活空間が分かれていることにあるでしょう。

1Kのお部屋は、1Rよりドアが1枚多いため、1Rのお部屋と比べると閉そく感を感じるかもしれません。

ただ、キッチンのにおいが寝る部屋まで届きにくいことが、1Kのメリットです。

以上の事から、1Kの間取りのウィークリーマンション・マンスリーマンションは、水回りと寝る空間をしっかり分けたい、単身利用の方にオススメです。

1Kのウィークリーマンション・マンスリーマンションの1ヵ月の賃料の目安は、12万円~18万円前後です。

3.1LDKのウィークリーマンションの特徴

1LDK間取り-min

OneLife新神戸駅前<type-D>

1LDKのウィークリーマンション・マンスリーマンションは、リビングダイニングの他にもう1つ部屋があることが特長です。

1LDKとひと口に言っても広さはそれぞれですが、基本的には1R・1Kの間取りより広いことがほとんどなので、2人以上で利用される方に向いています。

寝る部屋と食事を取る部屋を分けることができるので、例えば長期出張・短期赴任など、比較的長く利用される方で、できるだけ快適に過ごされたいという方は、1LDKのお部屋を検討してみるといいかもしれません。

1LDKの間取りのお部屋のデメリットは、1Rや1Kの間取りのお部屋よりも賃料が割高なことです。

1LDKのウィークリーマンション・マンスリーマンションの1ヵ月の賃料の目安は、20万円~30万円前後です。

その他のウィークリーマンションやマンスリーマンションの間取り

解説イメージ

ウィークリーマンションやマンスリーマンションに多い間取りとして、1R・1K・1LDKを紹介してきましたが、もちろんその他にも様々な間取りがあります。

  1. 1DK
  2. 2K
  3. 2LDK  ……etc

それぞれ使い勝手が違うので、目的や予算、自分のライフスタイルを考慮して、最適な間取りを選びましょう!

1.1DKのウィークリーマンションの特徴

1DK間取り-min

※引用:http://hitorinokurasi.com/archives/4322

1DKのウィークリーマンション・マンスリーマンションは、キッチンとリビングになる部屋が仕切られていて、なおかつもう1部屋ある間取りのことです。

よく1LDKの間取りと混同されるのですが、それぞれの部屋の広さを基準にして、区別されています。

  • 1DK……1Kよりもキッチンがある部屋が広い間取り。(4.5畳~8畳未満) 
  • 1LDK……1DKよりもキッチンがある部屋が広い間取り。(8畳以上)

全てのお部屋がそうとは言い切れませんが、1LDKのお部屋よりコンパクトであることが多いです。

イメージで言うと、1Kと1LDKの中間をいく間取りです。

キッチンが分かれている部屋がよく、部屋数が2つある方がよく、さらに賃料は1LDKより安い方がいいという方に向いています。

1DKのウィークリーマンション・マンスリーマンションの1ヵ月の賃料の目安は、14万円~20万円前後です。

2.2Kのウィークリーマンションの特徴

2K間取り-min

※引用:引っ越しまとめ.com

2Kのウィークリーマンション・マンスリーマンションは、キッチンの他に2つ部屋があります。

ウィークリーマンション・マンスリーマンションにおいてはめずらしい間取りですが、うまく使うと快適性は高いです。

おたがいのプライベート空間を確保したうえで2人利用したい場合はもちろん、お仕事の都合などで荷物が多い方が、片方の部屋を荷物置きとして使う場合にも向いています。

2Kのウィークリーマンション・マンスリーマンションの1ヵ月の賃料の目安は、19万円~25万円前後です。

3.2LDKのウィークリーマンションの特徴

2LDK間取り-min

※引用:https://www.jyohoku-estate.com/blog/entry-79447/

2LDKのウィークリーマンション・マンスリーマンションは、ファミリー向けです。

3人以上でウィークリーマンション・マンスリーマンションに住むなら、まず2LDKのお部屋から探してみましょう。

2LDKのように、LDKのほかに独立した個室が2つあると、プライベートの空間が守られます。

そのため、ファミリー利用だけでなく、2人以上の出張で相部屋にするパターンでも便利です。

さらに、短期間シェアハウスを楽しみたいという方にも向いているでしょう。

2LDKのウィークリーマンション・マンスリーマンションの1ヵ月の賃料の目安は、22万円~33万円前後です。

利用人数によるウィークリーマンション・マンスリーマンションの間取りの選び方

3人家族

特に間取りに関して強いこだわりが無い場合は、利用人数を基準にウィークリーマンション・マンスリーマンションを選ぶといいでしょう。

単身利用 ・1R
・1K
2人で利用 ・1R
・1K
・1LDK
3人家族で利用 (子どもが幼い) ・広い1R
・広い1K
・1LDK
3人以上で利用
※家族の場合、子どもが大きい
・1LDK
・2LDK

上記表はあくまで目安ですが、参考にしてみてください。

まとめ

以上、ウィークリーマンション・マンスリーマンションで見かける間取りの種類や特徴について、お伝えしました。

ウィークリーマンション・マンスリーマンションの利用人数や利用期間、ライフスタイルによって、適した間取りは違います。

単純に広さや狭さを基準にしてお部屋を決めるより、間取りを意識した方が、自分に合ったお部屋が選べますよ!

東京・大阪・神戸でウィークリーマンション・マンスリーマンションを探すならOneLifeまで!