神戸・大阪・京都のウィークリー・マンスリーマンション情報・検索サイト!

ワンライフ

神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル207号

078-384-1340

就活拠点の選び方 | 地方就活生の長期滞在に向いているのは?

就活イメージ

卒業をひかえた学生の大きな正念場、それが就職活動(就活)です。

東京や大阪など、都市圏での就職を希望する学生は依然として多く、その中には四国や九州、東北など地方に住んでいる学生も少なくありません。

地方に住んでいる学生が、都市圏での就職活動をするのは大変なことです。

スーツ代など、通常の就職活動で普通にかかるお金に加えて、新幹線や飛行機などの交通費や宿泊費がかさみます。

そして、慣れない都会で就職活動することのストレスにも、耐えなくてはいけません。

それでも目指す仕事のために、地方学生は頑張ろうとしています。

今回は、都会で就職活動を行う地方学生に役立つ、就活拠点の選び方についてまとめました。

とにかくかかるお金と読めないスケジュールが地方就活生の課題

お財布事情

地方就活生が抱える大きな課題は、やはり金銭面です。

飛行機や新幹線代などの交通費が高いため、説明会や面接のたびに都市部に出てくるのではなく、「1回、長期滞在している間に就職を決める!」と思っている学生が少なくありません。

また、長期滞在をするつもりはなかったものの、実際は長期滞在しなくてはいけなくなるケースもあります。

説明会などの空きが急に出て参加できることになったり、次の面接の日程がすぐに決まったり、地方から来ていることに関係なく、読みにくいスケジュールに何とか対応するフットワークの軽さが要求されるのです。

上記のような事を考慮すると、地方学生の就活拠点は「長期滞在でも安く住める」「慣れない都会での生活のストレスがなるべくない」「立地条件がよく様々な場所への移動がしやすい」、これらのポイントを満たしていることが望ましいです。

地方就活生の拠点は「就活シェアハウス」か「マンスリーマンション」が人気

都会で長期滞在をする地方就活生の拠点として人気が高いのは、「就活シェアハウス」や「マンスリーマンション」です。

1週間以内の就活期間の場合、ビジネスホテルや、近年過ごしやすさに重きを置いた店舗も増えてきたカプセルホテル、相当ガッツのある学生の場合はネットカフェなども選択肢に入ってくるようですが、長期滞在においては体力面・金銭面的に現実的ではありません。

以下では、「就活シェアハウス」と「マンスリーマンション」の2つから就活の拠点先を考える場合、どちらを選べばいいのかを選ぶ参考になるよう、それぞれの宿泊施設の強みをまとめました。

就活生同士のコミュニケーションに役立つ「就活シェアハウス」

就活シェアハウス

近年注目されているのは、就活生を対象にしたシェアハウスです。地方に住む優秀な人材獲得の目的から、運営に企業が出資しているケースも多く見られます。

就活シェアハウスに滞在する大きなメリットは1日あたりの滞在費用が安いことです。

もちろんその費用はシェアハウスによって違いがありますが、お金に苦労する地方就活生に焦点をあてているため、1日2,000円~3,000円程度で滞在できるところが多く見られます。

また、シェアハウスならではの強みとして、他の人と交流できることが魅力的です。

特に就活シェアハウスの場合は、他に住んでいる人も就活生ばかりです。

説明会の情報を交換するなど、就活において本質的に役立つ交流ができるだけでなく、同じ境遇だからこそできる”励まし”も心強いです。

  • 1人で都会で就職活動をする孤独感が怖い人
  • 1日あたりの滞在費用をとにかく安く済ませたい人
  • 今後もシェアハウスに住む可能性があり、どんな様子か1度確かめてみたい人

上記のような地方就活生は、就活シェアハウスの利用を検討してみるといいでしょう。

ちなみに、就活シェアハウスと同価格帯で滞在できる宿泊施設に「民泊」があります。

近年はビジネスパーソン向けや女性向けなど、民泊の幅は広がっているため、これまで利用経験が無い人でも使いやすい民泊が探せば見つかると思います。

民泊のスタイルによって、ホストや他の利用者とのコミュニケーションができる場合があるので、知らない土地の知らない人とどんどん交流をしてみたいタイプの人は、就活シェアハウスとあわせて民泊を選択肢に入れてみてもいいかもしれませんね。

⇒ 仕事に関する滞在で民泊を利用するメリット・デメリットを詳しく知りたい方はコチラ
※「民泊は出張にも使える?出張で民泊を利用するメリットとデメリット」のコラムにリンクしています。

自分の時間を確保し落ち着いて暮らせる「マンスリーマンション」

一人の就活生

都会で1人で就職活動することが辛く、他者との交流を求める人がいる一方で、そうしたやり取りが逆にストレスになってしまう人もいます。

先述した就活シェアハウスの場合、部屋が分かれていたとしても、共同生活であることには変わりありません。就活がうまくいっている人と自分を比べてしまい、落ち込んだり焦りを感じたりすることもあるでしょう。

「1人で落ち着いて就活に臨みたい」という人に向いている就活拠点は、マンスリーマンションです。

1日あたりの滞在費用の平均額(大阪・1ヶ月滞在の場合)は、約5,000円と就活シェアハウスより高めですが、自分1人で落ち着いて過ごす空間ができることは、どちらかというと人付き合いが苦手な人にとっては嬉しいです。

シェアハウスだけでなく、「ホテル独特の雰囲気が落ち着かなくて苦手」という人でも、通常のマンションの雰囲気とほぼ同じなマンスリーマンションなら、リラックスできるという意見が多数聞かれます。

また、家具や家電が付いているため入居の荷物が少なくて済む最寄駅から徒歩5分程度の好アクセスな物件が多いなど、引っ越しや移動の手軽さも魅力的です。

どうしても気力と体力をすり減らしてしまう就職活動期間中において、こうした快適さ・便利さの価値は高いです。

  • 1人で落ち着いて暮らしたい
  • 荷物を少なくして身軽に滞在したい
  • 様々な場所の説明会や面接に行きやすい立地がいい
  • シェアハウスを検討していたがいいところがなかった

上記のような地方就活生は、マンスリーマンションへの長期滞在を検討してみましょう。

ちなみに、1人暮らしのデモンストレーションをしてみたい学生にも、マンスリーマンションはオススメです。

⇒ お試し1人暮らしにマンスリーマンションが人気の理由はコチラ
※「一人暮らしのお試しにウィークリーマンションがオススメな理由」のコラムにリンクしています。

まとめ

就活イメージ

地方就活生にオススメの就活拠点先
短期滞在なら… ・ビジネスホテル
・カプセルホテル
・親戚や友達の家
長期滞在で、
安さと人との交流を
重視するなら…
・就活シェアハウス
長期滞在で、
暮らしやすさと動きやすさを
重視するなら…
・マンスリーマンション
(ウィークリーマンション)

※体力的にきつく、ストレスも非常に溜まりやすいネットカフェへの滞在は除外しました。

以上、都会へ向かう地方就活生に向けた、拠点の選び方を解説しました。

滞在日数と、どのように生活したいのかによって、向いている滞在先はまったく異なると言ってもいいでしょう。

「気負わずに」と言われても無理があるかもしれませんが、体や心のケアをしっかりできるような、自分向きの滞在場所を拠点に、自分のペースで就活を頑張ってほしいと思っています。

就活の拠点にマンスリーマンションを探すならOneLifeにお任せください。