神戸・大阪・京都のウィークリー・マンスリーマンション情報・検索サイト!

ワンライフ

神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル207号

078-384-1340

長期出張での節約はマンスリーマンションがおすすめ|意外とかさむ出費に備えよう

出張 節約

仕事の業種によっては1ヶ月以上など長期の出張がある方もいらっしゃいます。

しかし、出張期間中はホテルなどの宿泊施設で過ごすことになり、いつもはあたり前に使用できる生活必需品がないことから、出費がかさむ傾向があります。

長期出張であれば、出張期間が長い分さらに出費を伴うことになるでしょう。

実は、出張中の無駄な出費をおさえて、できるだけ節約するためには、宿泊施設をマンスリーマンションにするのがおすすめです。

今回は、マンスリーマンションが長期出張期間中の節約にどのように役立つのか紹介します。

出張期間中に無駄な出費がかさむのはなぜ?

出費で困っているひと

出張期間中に、特に無駄な費用が発生しやすいのが飲食費です。

ホテルにはキッチンが付いていないので、コンビ二やスーパーの惣菜ですませたり、外食をとりがちになります。

また、長期でホテル滞在している場合、出張先の仕事仲間から夕食に誘われる場合もあり、必然的に外食が増える傾向もあります。

しかし、気を付けたいのが、自炊の場合と比べて、市販の惣菜や弁当は少なくとも2倍以上のコストがかかる点です。

例えば、1ヶ月自炊をして4万円程度の食費だったとすると、簡易的に計算すると自炊でない場合、約4万円近く無駄な出費が発生していることになります。

外食だと、さらに食事代が高いので、外食と惣菜で1ヶ月過ごした場合、もっと食費がかかることになります。

また、案外少額だと油断しがちなのが、飲み物です。

普段自宅にいるときは、自分でいれた飲み物を飲んで過ごす方が多いと思います。

しかし、ホテル暮らしの場合は、お茶などのセットがついてない場合もあり、買った飲み物を飲むことが多くなります。

チリも積もればなんとやらで、1日2本程度ペットボトルを買っていると月1万円近くの出費になってしまうのです。

日常的な飲食費は、一度に大金を払うわけではないので気づきにくいですが、出張期間が長ければ長いほどコストがかさみます。

油断して外食ばかりの生活をしていると2ヶ月で10万円ほども出費してしまう可能性があるので、注意が必要でしょう。

マンスリーマンションが出張中の節約に役立つ理由とは

マンスリーマンションが、出張中の節約に役立つ一番の理由とは、ズバリ「自炊ができる」ことです。

その他にも、マンスリーマンションはクリーニング代や、インターネットの使用料の節約にも役立つので、併せて紹介します。

料理の作り置きもできるキッチンがある

男性 料理

マンスリーマンションには、キッチンがついているのが一般的です。

キッチンには、簡易的なミニキッチンからシステムキッチンまでマンスリーマンションによりそれぞれで、

多くのマンスリーマンションでは、下記の設備が設置されています。

  • 電子レンジ
  • コンロ
  • 冷蔵庫

コンロや電子レンジを使用した加熱調理もできるので、だいたいの種類の料理を作ることができ、冷蔵庫で保存もできるので、コストパフォーマンスの高い作り置き料理もできます。

近くのスーパーを利用して、普段家で過ごすのと同じように料理することができるでしょう。

また、飲み物についても、コンロでお湯を沸かして日常的に作ることができます。

自分で洗濯できる洗濯機がある

出張期間中、飲食費の次にムダな出費となるのが、衣服のクリーニング代です。

ホテル付近のコインランドリーや、クリーニングサービスを利用することになりますが、コインランドリーでも1回800円~1000円程度は費用がかかります。

さらに、コインランドリーを使用する場合、下記2つの理由で手間がかかってしまいます。

  • まとめて衣服を出さなければならない
  • 衣服を洗濯前・洗濯後で運ばなければならない

マンスリーマンショでは、部屋の中に洗濯機が用意されているため、いつでも好きな時に洗濯することができます。1週間に1回コインランドリーで洗濯すると、自分で洗濯するのに比べて、1ヶ月で3,000~4,000円ほど違いが出てくるでしょう。

インターネット環境が整っている

インターネット

出張時は、宿泊施設に帰ってからも、仕事などでインターネットを使用する人がほとんどです。

最近、ビジネスホテルでは、ほとんどのホテルが無料のWi-Fiサービスを提供しており、宿泊者はいつでも利用することができます。

ただし、ホテルの無料Wi-Fiは利便性が悪い場合があり、こんな不具合が発生することがあります。

  • ホテル専用画面でのログインが必要で接続までに時間がかかる
  • 電波状況が悪く動作が遅くなる
  • セキュリティ上、毎日パスワードが変更になることがある
  • 24時間すると自動的にログアウトするよう設定されている

ホテルで使用するWi-Fiの使い勝手が悪いと、結局、携帯電話のテザリング機能などを使用し、別途通信費をかけてインターネット環境を整えなければならないため、無駄な費用が発生してしまいます。

マンスリーマンションなら、速度の速い有線インターネットが整備されているところや、一度ログインすると常時接続できるWi-Fiが提供されているところなどインターネット環境が整った物件があります。

また、マンスリーマンションを提供する会社の中には、モバイルWi-Fiを無料で貸出すところもあるので、外出時のインターネット利用にも便利でしょう。

マンスリーマンションで自炊を行う際の注意点とは

実際に、マンスリーマンションを使用することになった場合、自炊をするのに、思ってもみなかった物がないことがあるので注意が必要です。

ありそうで意外とないものが、実は炊飯器です。

ご飯は毎日食べる方が多いと思うので、どうしても炊飯器を使いたい人は持ち込むか、最近は土鍋や普通の鍋でもご飯をおいしく炊くことができるので、コンロを使った炊くのもよいでしょう。

また、包丁やまな板などの調理器具や、お箸や食器などがオプションで付けることができるマンスリーマンションかどうか事前に確認することも大切です。

⇒もっと詳しく知りたい人は「ウィークリーマンションで自炊をするなら知っておきたいこと」へ

節約には役立つが、こんな人はマンスリーマンションには向かないので注意

マンスリーマンションは、主に食費の面で出張時の節約に役立てることができますが、中にはマンスリーマンションではなくホテルを選択した方がよいケースもあります。

1週間以下の短期出張の場合

マンスリーマンションの使用は最短でも1週間からです。

1週間以下でも入居することはできますが、1週間分の費用は発生してしまうため、経済的ではありません。

また、短期の出張であれば、自炊による節約メリットもあまり得ることができず、自炊をするまでの準備のほうにコストがかさんでしまうこともおすすめできない理由です。

出張時のマンスリーマンションの利用は、1週間以上の出張である場合活用するとよいでしょう。

急ぎで即日に宿泊施設を押さえなければならない場合

長期出張が急に決まってしまい、即日入居したいという方にもマンスリーマンションは、おすすめできません。

マンスリーマンションは入居までに、下記5つの流れをふむ必要があり、入居までには最低でも数日かかります。

  1. マンスリーマンションを見つける
  2. 問い合わせをする
  3. 申し込みをする
  4. 送付された契約書に記入し、返送する
  5. 鍵を受け取り、入居する

そのため、即日で入居したいといったお急ぎの方は、とりあえずホテルで滞在し、その後マンスリーマンションに移るなどされることをおすすめします。

ウィークリーマンションを契約するまでの流れを詳しく知りたい方はコチラ

急な出張が決まり、準備や滞在先を決める時のポイントが知りたい方はコチラ

1週間以上の長期出張にはマンスリーマンションを活用しよう!

節約できる

長期での出張となると、飲食・洗濯・インターネット環境の面で出費がかさむことが予想されます。

ホテルで長期滞在を検討されている方も、無駄な費用が発生しないかもう一度見直し、自宅と同じような環境でリラックスして過ごせるマンスリーマンションで節約できる暮らしを考えていかがでしょうか?

当社One Lifeでも、キッチン設備が充実した物件や、インターネット環境の整った物件を豊富に取り揃えております。ぜひ一度、ご相談してみてください。

長期出張時に節約できるマンスリーマンション探すならOneLife!