東京・関西のウィークリー・マンスリーマンション情報・検索サイト!

ワンライフ

  • 東京

    03-5405-20010120-991-480

  • 関西

    06-6485-36300120-097-437

大阪ベイエリア(南港)へ出張しやすいウィークリーマンション探しに役立つ情報

大阪南港エリア

大阪ベイエリアは、その名の通り大阪湾に面する地域の事を指します。

大阪ベイエリアは、主に咲洲(さきしま)夢洲(ゆめしま)舞洲(まいしま)の3つの島から成り立ち、“南港”“天保山”と呼ばれる地域も大阪ベイエリアに含まれます。

様々な施設や企業が、大阪ベイエリアに集まっているため、観光地として人気が高いことはもちろん、出張先の1つとして数えられることも多いです。

今回の記事では、大阪ベイエリア(南港)の企業に出張される方に向けた情報をお届けします。

大阪ベイエリア(南港)の特徴

大阪ベイエリア マップ-min

GoogleMap「大阪港」の検索結果より引用

大阪港を中心とし、周囲にはユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)海遊館などの大阪の有名観光スポットが集まります。

関西の特大イベント会場の1つ、インテックス大阪も、この大阪ベイエリア内にあるため、「スーパーコミックシティ」などの人気イベントの開催時期には、多くの人が集まります。

大阪ベイエリア内の企業については、多くの港町がそうであるように、工業系・物流系が多く見られます。

(“大阪南港”と言えば、大きな倉庫をイメージされる方が多いのも、おそらくそのためです。)

大和川を南に渡ると、大阪市から堺市になりますが、工業地帯が続くことには変わりありません。

大阪ベイエリア(南港)にある企業・施設

  • ATC (複合型商業施設)
  • コスモタワー
  • 宝船冷蔵株式会社 南港工場・咲洲工場
  • 株式会社ライフコーポレーション 南港物流センター
  • 株式会社セイワ運輸
  • 関西電力株式会社 南港発電所
  • 株式会社アィビィシィ  ……etc

※2018年9月現在の情報です。

大阪ベイエリア(南港)への出張で滞在先を探すなら知っておきたいポイント

大阪ベイエリアに限らず、出張の滞在先をどこにしようか悩む方の多くが、ホテルかウィークリーマンション(マンスリーマンション)で迷っていると思います。

結論から言うと、1週間以内の出張に向いているのがホテル、1週間以上の出張に向いているのがウィークリーマンション(マンスリーマンション)です。

【ホテルとウィークリーマンションの比較参考ページ】
※「ウィークリーマンションとビジネスホテルの違い」のページへ飛びます。

以下で、大阪ベイエリア内のホテル、そしてウィークリーマンション(マンスリーマンション)について、もう少し詳しく説明します。

大阪ベイエリア内にホテルは多い、ただしビジネスホテルは少なめ

大阪ベイエリア ホテルマップ-min

GoogleMap「大阪港 ホテル」の検索結果より引用

上の図でも分かるように、ホテルは割と大阪ベイエリア内に多くあります。

出張先から徒歩圏内に丁度いいホテルが見つかることも、めずらしくないでしょう。

ただし、ビジネス特化のホテル数は少なく、その一方で需要は多いためか、大阪の他地域よりも全体的に宿泊料がやや高めのイメージです。

大阪ベイエリア内にウィークリーマンション・マンスリーマンションはかなり少ない

ウィークリーマンション・マンスリーマンションの数は、ビジネスホテルの数よりも、さらに少ないです。必然的に選択肢が狭くなってしまいます。

そのためか、大阪ベイエリア内の企業に出張される方は、大阪ベイエリア内だけでなく、電車で楽に通える距離まで視野を拡げて、ウィークリーマンション・マンスリーマンションを探されるケースが多いです。

大阪メトロ中央線を使い、乗り換え無しで大阪ベイエリア内「大阪港」駅まで約9分で行くことができる「阿波座(あわざ)」駅や、同じく大阪メトロ中央線を使って「大阪港」駅まで約13分で行くことができ、なおかつ生活もしやすい「堺筋本町」駅周辺でのウィークリーマンション・マンスリーマンション探しがオススメです。

【堺筋本町のウィークリーマンション・マンスリーマンションについて知りたい方へ】
※「大阪出張:堺筋本町のマンスリーマンションで暮らすなら役立つ情報」のコラムへ飛びます。

大阪ベイエリア(南港)の暮らしやすさ

考えるビジネスマン

半年以上の長期出張をされる方の中には、「大阪ベイエリア内の賃貸住宅に住もうかな?」と検討されている方がいらっしゃるかもしれません。

確かに、大阪ベイエリア内に賃貸住宅はあるにはあるのですが、住みやすいと断言できるのかと言うと、難しいところです。

電車など、大阪ベイエリア内の移動手段が少なく、車がないとやや不便を感じるかもしれません。

また、少し足を伸ばせば行ける観光施設の種類は多いものの、生活圏内にスーパーマーケットなどがある確率がやや低いです。

以上のことから、大阪ベイエリアについては、“暮らす街”と言うより、”通う街”と言った方が、しっくりくるかなと思います。

暮らしやすさを重視するなら、先述した「阿波座」駅、「堺筋本町」駅周辺でお部屋を探されることを、オススメします。

大阪ベイエリア(南港)へ出張するならオススメの息抜きスポット

「大阪ベイエリア(南港)への出張が、大阪初上陸の機会!」という方も、いらっしゃるかもしれません。

長期出張中のお休みには、大阪のいろんなところを巡ってみたくなると思いますが、まずは近場から攻めてみるのはどうでしょうか?

大阪ベイエリア内で息抜きをするのにオススメのスポットは、「南港フェリーターミナル」です。

天保山・海遊館もオススメですが、”1人で水族館に行くのは勇気が要るなぁ……”と思われる方もいるかと思います。

その点、南港フェリーターミナルは、1人でもフラッと行きやすく、大阪ベイエリアならではの雰囲気を味わえる場所です。

南港フェリーターミナルのオススメポイント

南港フェリー

南港フェリーターミナルと言うと、やはりフェリーが見どころです。

大阪湾を臨みながら、フェリーの行き来を見ながらまったりするという過ごし方も、日頃の疲れを癒すには良いかも知れません。

例えば、写真や絵画を趣味にされている方は、制作の参考になるのではないでしょうか?

ちなみに、ターミナル付近は釣り場としても有名です。アジや、メバル、サバなどが釣れるそうです。

(釣り禁止との看板が出ている場所での釣りはマナー違反ですので、やめましょう。)

少し電車で出なくてはいけませんが、丸1日お休みがあるなら、なんばや天王寺、梅田あたりへ買い物などに出かけるのもいいですね。

【なんば・心斎橋エリアの情報】
※なんば・心斎橋エリアのウィークリーマンション特集ページへ飛びます。

【天王寺エリアの情報】
※天王寺エリアのウィークリーマンション特集ページへ飛びます。

【梅田エリアの情報】
※梅田エリアのウィークリーマンション特集ページへ飛びます。

大阪ベイエリア(南港)への出張にオススメのウィークリーマンション

以下では、当社「OneLife」が取り扱う、大阪ベイエリア(南港)へ出張される方にオススメのウィークリーマンション・マンスリーマンションを紹介します。

大阪ベイエリアへの電車通勤のしやすさ、そして暮らしやすさの2点から、先述した「阿波座」駅、「堺筋本町」駅に最寄りの物件をピックアップしています。

「阿波座」駅から近いウィークリーマンション

阿波座-min

OneLife阿波座EAST
※ウィークリーマンションの詳細ページに飛びます

大阪ベイエリア(南港)方面へ行きやすい、大阪メトロ「阿波座」駅まで徒歩約5分のウィークリーマンションです。

駅前にあるスーパーマーケットで買い物をしてからウィークリーマンションに帰れるので、長期滞在が負担になりにくいです。

持ち帰り仕事をされる方は重視しておきたい、インターネットの設備が整っていることもポイントです。

「堺筋本町」駅から近いウィークリーマンション

堺筋本町-min

OneLife堺筋本町SOUTH
※ウィークリーマンションの詳細ページに飛びます

大阪ベイエリア方面へ、乗り換え無しで電車通勤できる大阪メトロ「堺筋本町」駅まで徒歩約6分のウィークリーマンションです。

先述したウィークリーマンションと同じく、仕事帰りにスーパーマーケットに立ち寄ることができるので、自炊派の方でも安心です。

浴室乾燥機が付いているため、天気が微妙で外干しが不安な日はお風呂場に洗濯物を干してから出勤することができます。

浴室乾燥機は、特にビジネスウーマンから支持されている設備です。

まとめ

大阪ベイエリア

以上、大阪ベイエリア(南港)に出張先を探されている方、特にウィークリーマンション・マンスリーマンションを検討されている方に向けた情報をお伝えしました。

「大阪ベイエリアのことなんて全く知らない」という方が、長期滞在中のイメージをつかむ参考となれば幸いです。

大阪ベイエリアは”大阪ならでは!”というイメージではないですが、魅力的な港町の1つではあるので、出張の機会にはぜひ、どこか気に入る部分があればいいなと思います。

大阪ベイエリア(南港)に出張しやすいウィークリーマンションを探すならOneLifeにおまかせ下さい!