東京・関西のウィークリー・マンスリーマンション情報・検索サイト!

ワンライフ

  • 東京

    03-5405-20010120-991-480

  • 関西

    06-6485-36300120-097-437

キャッシュレス・ポイント還元できる宿泊施設をお探しの方へ|仕組みと探し方をわかりやすく解説

キャッシュレス 還元

2019年10月1日、消費税増税の開始と共にスタートした「キャッシュレス・ポイント還元事業」

冬季休暇やゴールデンウィークなどまとまった休暇期間に、キャッシュレス・ポイント還元事業のサービスの受けられる宿泊施設を利用したい方も多いでしょう。

ところが、どうやらこのサービス、「使用できる店舗がわからない」「どうやってポイントが還元されるの?」と利用しにくさを感じる方も少なからずいるようです。

今回は、宿泊利用でポイント還元を受けるために、ポイント還元が受けられる宿泊施設の探し方、ポイント還元を受けるまでの流れを紹介します。

キャッシュレス・ポイント還元の仕組みを質問形式で簡単におさらい

まずは、キャッシュレス・ポイント還元の仕組みを質問形式でわかりやすくお伝えします。

キャッシュレス・ポイント還元事業ってそもそも何?

キャッシュレス・ポイント還元事業とは、経済産業省主導の国が行う事業で、対象店舗でキャッシュレス決済を利用すると、利用者は最大5%ポイントの還元が受けられます。

ただし、対象店舗は希望する中小・小規模事業者のみで、大規模事業者は対象店舗に含まれません。

キャッシュレス・ポイント還元事業の目的は、下記2つです。

  1. 増税後の消費喚起を促す
  2. 生産性・利便性向上のためにキャッシュレス化を推進

増税後の消費低迷対策と、キャッシュレス化することでもたらされる消費者・事業者双方の便益のために、国がポイント還元の原資を負担し、支援する制度なのです。

いつまで還元してもらえるの?

2019年10月1日から2020年6月末までの9ヶ月間、ポイント還元を受けられます。

どのキャッシュレス方法で使用できるの?

下記、クレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス方法で、ポイント還元を利用できます。

ただし、クレジットカード会社など決済業者が、ポイント還元事業の「キャッシュレス決済事業者」に登録している必要があります。

  • クレジットカード:三井住友VISA、JCBなど
  • デビットカード:みずほJCBデビット、三菱UFJデビットなど
  • 電子マネー:楽天Edy、WAONなど
  • プリペイドカード:Suica、PASMOなど
  • スマホ決済アプリ:PayPay、メルペイなど

メガバンクや主要なキャッシュレス決済業者は、11月末時点でほとんどが登録されていますが、ポイント還元の特設サイト登録決済事業者リスト問い合わせ窓口でご確認ください。

どこの店舗で使用できるの?

キャッシュレス還元 マーク

キャッシュレス・ポイント事業の登録加盟店で使用できます。

登録加盟店には、上記のマークが付いたポスターやステッカーが貼ってあるので、それが目印です。

また、特設サイト専用のアプリでも探すことができます。

最大5%って店舗ごとで還元率が違うの?

対象店舗によって5%2%の2種類還元率があります。

登録加盟店に申請した中小・小規模事業者のうち、フランチャイズチェーン店舗やガソリンスタンドは2%が適用で、その他が5%適用となります。

還元時期・上限・有効期限はあるの?

ポイントが消費者に還元される時期や、還元金額の上限、ポイントの有効期限は、キャッシュレス決済事業者がそれぞれ決めています。

そのため、上記のようなポイント還元の詳細が知りたい方は、決済業者のホームページ、特設サイトの「登録されている消費者向けサービスを探す」、主要なキャッシュレス決済サービス一覧からお調べください。

例:

三井住友VISAカード
還元時期:引落相殺(利用日から翌々月請求時)
還元金額の上限:15,000ポイント/月
有効期限:なし※還元金額の方が多い場合は、引き落とし口座に振り込まれるため

宿泊の決済でキャッシュレス・ポイント還元を受けるまでの流れ

ホテル フロント

それでは、実際に、宿泊の決済でキャッシュレス・ポイント還元を利用したい場合の流れを、紹介します。

1. キャッシュレス・ポイント還元が受けられる宿泊サービスを探す

まずは、キャッシュレス・ポイント還元が受けられる宿泊サービスを探します。

1)「専用のアプリ「CASHLESS」・特設サイトから探す

キャッシュレス還元 地図

ポイント還元を受けられる宿泊施設は、専用アプリ「CASHLESS」や特設サイトから調べることができます。

アプリは地図タイプで、お店の種類や還元率を指定して探せるものです。ただ、現在地周辺から探すか、店舗名を指定して探す機能しかありません。

特設サイトの方には、アプリと同じような地図でお店の場所が表示されるもの(ただし、現在地周辺でしか探せません)と、都道府県別の一覧があります。

エリアを指定して探したり、エリア関係なくお店の種類別で探したりできないため、使い勝手がよいとは言いにくいでしょう。

2)ポータルサイトから探す

じゃらんや楽天トラベルなどのポータルサイトでは、還元対象宿のみを検索できるサイトを用意しています。

そういったサイトで探すと、都道府県やエリアの条件を絞りながら、お宿を探せるため効率がよいでしょう。

3)目星の宿泊施設サイトで確認する

気になっている宿泊施設がある場合は、ホームページや電話で直接確認するのもおすすめです。

次の手順である、「自分が使用したいキャッシュレス方法を宿泊施設が取り扱っているか」も一度で調べられるので、案外一番早い方法かもしれません。

2. 自分が持っているキャッシュレス方法が宿泊施設で使用できるか確認する

候補のお宿が決まったら、次に、どのキャッシュレス方法・決済業者がその施設で使用可能か、宿のホームページで確認します。

3. 決済すると自動的にポイントが還元される

お宿決まったら、インターネットなどで宿泊施設の予約をします。

ポイント還元はキャッシュレスで決済した時に、同時にポイント還元の権利が発生します。

つまり、もしインターネット上で決済した場合はその場で、お宿現地でお支払の場合は、その時に還元の権利が発生します。

その後、決済業者の定めているタイミングで、還元ポイントが追加されます。

キャッシュレス・ポイント還元だけじゃない。1週間以上の宿泊には短期賃貸がさらにお得!

新築マンション

このように、キャッシュレス・ポイント還元事業は、①登録加盟店かどうか②自分の所有するキャッシュレス手段が「キャッシュレス決済事業者」として登録されているか③行きたい登録加盟店で使用できるキャッシュレスの手段はどれかを、それぞれ探す必要があり、いささか複雑な部分もあるようです。

ただ、用したい宿泊サービスと決済方法がしっかりとマッチすれば、とてもお得なサービスなので、還元ポイントキャンペーンの期間内に、ぜひ使用してみてくださいね。

また、「1週間以上の宿泊をもっとお得に過ごしたい!」という方は、短期賃貸物件がおすすめです。

そもそも、短期賃貸物件とは、家具家電付きのマンション・アパートで、1週間以上の宿泊で利用できます。

お家にいる感覚で、長期旅行を過ごすことができ、週末も平日と同率料金で提供するので、ホテルよりもお得にご利用できる場合があります。

当社One Lifeでもキャッシュレス・ポイント還元をスタート致します!

当社One Lifeは、東京、大阪、京都、兵庫を中心に、短期賃貸サービスを提供しております。

当社でも2019年12月1日から、クレジットカード払いによるキャッシュレス・ポイント還元を開始致します。

VISA、マスターカード、アメリカンエクスプレス、JCB、ダイナースクラブの計5種類のクレジットカードで決済が可能です。
※念のため、ご使用のカード会社が「キャッシュレス決済業者」として登録されているか事前にご確認ください。

また、ご希望のエリアで、コンシェルジュが最適な短期賃貸をご案内させて頂きますので、ご自分で探す手間が省けます。

冬季休暇の旅行で1週間以上の宿泊に、キャッシュレスを使用されたいなら、ぜひ、One Lifeまでお問い合わせください

当社のクレジットカード決済サービスの手順を詳しく知りたい方はコチラの記事へ