東京・関西のウィークリー・マンスリーマンション情報・検索サイト!

ワンライフ

  • 東京

    03-5405-20010120-991-480

  • 関西

    06-4796-36300120-097-437

【目的別】京都で長期滞在するのにピッタリの宿泊施設|ホテル・ゲストハウス・マンスリーマンションの違い

京都 長期滞在

「京都 長期滞在」で調べると、ホテル・ゲストハウス・マンスリーマンションなどいろんな宿泊施設が出てきます。

京都は日本の中でも一番の観光都市ということもあり、宿泊施設が多くあります。

しかし、長期滞在するとなると、少しずつ疲れもたまってくるので、目的に合わせて正しく宿泊施設を選んだほうがよいでしょう。

この記事では、京都で長期滞在できる宿泊施設ごとの違いを紹介し、快適に京都で長期滞在できるおすすめの立地をご紹介します。

※ちなみにこの記事では、長期滞在を2週間以上の滞在という定義で書いております。

京都で長期滞在できる宿泊施設ごとの違い

それではさっそく、ホテル・マンスリーマンション・ゲストハウスの違いを一つずつご紹介します。

ホテルは、観光向けで普段とは違ったリッチな生活ができる

写真はイメージ

<ホテルの特徴>

  • ホテルならではの丁寧な接客を受けられる
  • ホテルによっては内装も京都らしさがあり楽しめる
  • 朝食や夕食も取ることが出来る
  • 掃除ベッドメイキングをしてもらえる
  • 洗濯は、ランドリーサービス(高価)またはコインランドリー
  • タオル・アメニティなどはホテルで提供される
  • 一泊辺りの料金目安:5,000~10,000円程度 
  • 土日祝日・ハイシーズンは料金が高くなる

ホテルは観光向きの宿泊施設で、普段の生活とは違う、ゆとりのある時間を京都で過ごしたいと思っている人におすすめです。

例えば、京都に滞在するのであれば、京都らしい内装や和食をゆったりと楽しみたいというのであればホテルが良いでしょう。

デメリットとしては、やはり料金面です

他の宿泊施設よりも、サービスが充実している分、ホテルの宿泊費は高めになります。

特に、祇園や嵐山などの観光地のど真ん中にあるホテルは通常よりも宿泊料金が高くなります。

また、ホテルで宿泊以外に、食事やランドリーサービスを利用するなら更に上乗せで料金が上がってしまいます。

マンスリーマンションは、京都にいながら普段に近い生活が出来る

京都のマンスリーマンション実際の京都のマンスリーマンションの写真

<マンスリーマンションの特徴>

  • 契約中は入居者以外が部屋に入ることがないので完全プライベート空間
  • キッチン・洗濯機などの設備があるので、普通の一人暮らしのような生活が出来る
  • ゴミ出しや掃除は、自分で行う必要がある
  • 一室で宿泊できる人数は、基本的に2人まで
  • 家具家電はあるが、アメニティ・食器・調理器具等は自分で用意する必要がある
  • 一泊辺りの料金目安:4,000~8,000円程度 
  • ハイシーズンは料金が高くなる
  • 土日祝日と平日では料金が同一

 

マンスリーマンションは、名前通りマンションなので、普段の生活に近い形で京都に長期滞在が出来ます。

長期出張などで利用される方が多いですが、京都の場合だと花見と紅葉の季節に「色んな観光地を長期滞在しながらゆっくりめぐりたい」という人も利用されます。

 

マンスリーマンションのメリットとして、食費や洗濯代などの宿泊費以外の出費が抑えられるという点があります。

観光地である京都で毎日食事を外食にすると、食費もかさんできますが、自炊することでかなり食費を抑えることができます。

ただしその代わり、ゴミ出し・掃除などは全て自分で行わなう必要があるので、家事を普段からしない人にとっては負担が多いかもしれません。

 

なお、ほとんどのマンスリーマンションはワンルームや1Kでベッドも1台ですが、2人までは宿泊できることが多く、問合せればベッドとは別に布団一式を借りられる場合もあります。

ゲストハウスは、他の宿泊者と交流して安く長期滞在が出来る

京都 ゲストハウス写真はイメージ

<ゲストハウスの特徴>

  • 共有スペースが多く、気軽に宿泊者同士でコミュニケーションを取れる
  • ドミトリー(相部屋)が多く、プライバシーはあまり保護されない
  • キッチン・洗濯機などの設備は、共同のものがある
  • お風呂がなく、シャワーのみというゲストハウスも多い
  • 一泊辺りの料金目安:2,000~5,000円程度 
  • 土日祝日・ハイシーズンは料金が高くなる
  • 長期滞在の場合は、割引がある場合もある

ゲストハウスは、名前の通り色んなゲストが集まって共同生活している家というイメージで良いでしょう。

国内外のバックパッカーや若い世代の人が宿泊していることが多いです。

安く宿泊できますが、寝室も相部屋で共有スペースも多いため、一人でゆっくり休む時間が欲しいという人には不向きといえます。

逆に、いろんな人と交流してみたいという人や、プライバシーよりも値段の安さを優先させたいという人には向いている宿泊施設です。

ゲストハウスによっては、昼間は掃除のために外出するようにお願いされたり、家にいるのであれば一緒に掃除するように言われる場合もあるようです。

長期滞在の場合は特に、ゲストハウスのサービスを受けるという感覚ではなく、お互いに出来る家事をしながら共同生活を送るという風に思っておいた方が良いかもしれません。

京都で長期滞在するなら京都駅~烏丸が便利

京都で長期滞在するときにおすすめの場所

京都で長期滞在をする目的にもよりますが、おすすめの場所は京都駅~烏丸駅の付近です。

理由としては以下の3つです。

  • 京都駅は地下鉄・JR・近鉄・バスがあり、各所に移動するのに便利だから
  • 京都のビジネス街である烏丸と京都駅は、地下鉄で行き来しやすいから
  • 繁華街である河原町や京都のメインの観光地といえる祇園へは烏丸から徒歩圏内だから

つまり、京都駅周辺から烏丸の付近は、どんな目的であってもとても便利な場所といえます。

ちなみに、京都の有名な観光地は祇園のほかにも以下があります。

  • 嵐山
  • 清水寺
  • 金閣寺
  • 南禅寺
  • 宇治

上記の観光地はすべて、京都駅からバスまたは電車で1本で行くことが出来るので、京都の観光でいろんなところに行きたいという人は、京都駅がおすすめです。

まとめ

京都で長期滞在をする際に、自分の場合はどの宿泊施設が最適か理解できたでしょうか?

京都は学生も多いということもあって、単身で暮らすにも、観光をするのにもとても快適な街です。

ぜひ、この記事を参考に京都での長期滞在を快適にお過ごしください。

京都駅から徒歩圏内のマンスリーマンション「OneLife京都東九条」のご案内

OneLife京都東九条

京都駅から徒歩圏内、また地下鉄烏丸線の九条駅まで徒歩3分、京阪の東福寺まで徒歩10分に位置するマンスリーマンション「OneLife京都東九条」が出来ました。

オートロック付きのマンスリーマンションだから、プライバシーは完全に守られます。

また、洗濯機浴室乾燥機付き、Wi-fiも無制限で京都の長期滞在を快適に過ごすことが出来ますよ。

京都で長期滞在をするならワンライフにお任せくださいませ。

OneLife京都東九条<type-A>【★内覧見学可(※空室状況により、応相談)▼Wi-Fi無制限】

OneLife京都東九条<type-B>【★テレワーク向けWi-Fi無制限】

OneLife京都東九条<type-C>【★内覧見学可(※空室状況により、応相談)】

※Type-Cは洗濯機はついていないプランです。